iOSのモバイル市場シェアは6%アップ、Androidは減少

iOSのモバイル市場シェアは6%アップ、Androidは減少

Androidは、世界中で最も広く使用されているモバイルオペレーティングシステムです。しかし、最近の調査によると、同社の市場シェアは過去4年間で8%減少しています

一方、iOSは同時期に6%の成長を記録しました

調査会社StockAppsのレポートによると、Androidの市場シェアは2018年7月に過去最高の77.32%を記録しました、しかし、同社の世界モバイル市場シェアは2022年1月に7.58%減少して69.74%になりました

一方、Appleの市場シェアは19.4%から25.49%へと6%増加しました

とはいえ、Androidの市場シェアがわずかに下がったからといって、他のモバイルOSに比べてシェアが落ちているわけではありません、同社はスマートフォン市場で確固たる足場を築いています

同時にAppleは勢力範囲を拡大しているようで、iPhoneはVivoを引き離し、中国におけるスマートフォン販売のトップブランドとなっています、同社のiPhone出荷台数は記録的で、ヨーロッパのスマートフォン市場は25%成長したと報じられています

スポンサーリンク


同レポートはまた、さまざまなモバイルOSの支配状況を地域別に分析しています

興味深いことに、iOSは北米とオセアニアのみで市場を支配しています、市場シェアはAndroidが45%近くを占めているのに対し、iOSは54%を占めています

Androidは、ヨーロッパ、アジア、南米において、それぞれ69.32%、81%、90%の市場シェアを獲得し、iOSに対する優位性を保っています

iOSのシェアは、ヨーロッパで30%、アジアで18%、南米で10%です

2022 04 23 09 18 35
アジアや南米などの発展途上地域では、Appleの端末は高級品とみなされています、そのため、より手頃な価格のAndroidスマートフォンがより大きなシェアを獲得しているのかもしれません

(Via StockApps.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)