画像を見ると「iPhone 13 Pro 」では、ノッチが小さく、シャーシが厚くなる

画像を見ると「iPhone 13 Pro 」では、ノッチが小さく、シャーシが厚くなる

91 Mobilesが匿名の情報筋の話として報じたところによると、昨年のiPhone 12シリーズで導入されたデザインを踏襲した「iPhone 13 Pro」端末が登場する見込みです

同サイトに掲載されたレンダリング画像では、フラットな側面、リアカメラの「バンプ」、薄いベゼルのディスプレイなど、おなじみのデバイスが描かれています

唯一の変更点は、TrueDepthノッチが小さくなり、イヤースピーカーの位置が変更されたことのようです、同様のデザインは、本日未明にリークされた「iPhone 13」とされるデザインにも見られます

これまでのうわさによると、Appleは小型スピーカユニットを前面カラーカメラや赤外線カメラなどの重要な画像処理機器の上に移動させ、オーディオコンポーネントをさらにiPhoneの最上位に押し上げると言います

91 Mobil 00002

同端末は 「iPhone 12 Pro」 よりも0.2 mm厚いとされており、同サイトが推測する変更点は、より大きなバッテリを搭載するための配慮かもしれません

スポンサーリンク


アナリストのMing-Chi Kuo氏が以前報じたところによると、Appleは2021年に省スペース型のLCPソフトボードバッテリへの移行を計画していると言います

91 MobilesはAppleの噂情報では比較的新しく、将来のデバイスの詳細を予測した重要な実績があまりありません、とは言え、同誌は2020年モデルのiPad Airについて正確な情報を提供していました

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)