4月20日のAppleイベントで発表が噂されるiPad Pro 2021でわかっていること

4月20日のAppleイベントで発表が噂されるiPad Pro 2021でわかっていること

本日、Appleは4月20日火曜日の午前10時(太平洋標準時)、日本時間では4月21日水曜日の午前2時にAppleイベントを開催すると発表しました、このAppleイベントではiPad Pro 2021の発表が期待されています

iPad Pro 2021のこれまでの噂

新しいiPad Proの価格は?

新しいiPadProのエントリーレベルモデルの価格は、米国では750ドルから800ドルになると予想されています

Face IDデザインに移行して以来、価格は12.9インチモデルで999ドル、11インチモデルで799ドルから始まりました、Appleが製造コストを押し上げる信じられないほどの新機能を導入しない限り、新しいデバイスでも同様の価格設定が見られると期待されています

スポンサーリンク

iPad Pro2021の仕様

プロセッサ

現行のiPad Proが発表されたとき、A12Zプロセッサが搭載されたことで多くの人を驚かせましたが、このとき初めて「Z」という接尾辞を目にしました

しかし、iPhone 12が登場したときにA14チップが注目されました

新しいiPad ProはA14の改良以上のものの可能性があります、3月17日付のBloombergの報道によると、新しいiPad Proには、M1 MacBookやMac miniに搭載されている「最速のM1チップと同等」のプロセッサが搭載されると予測されています

2021 02 28 11 33 10

Appleがどのチップを使うにせよ、現在の驚異的な速さを誇るiPad Proが示すように、最高のパフォーマンスを提供することは間違いと予想されます

Thunderbolt

同日のBloombergの記事では、新しいiPad Proには、M1 Macに搭載されているようなThunderboltコネクタが採用されるとのことです

これにより、外付けのディスプレイやハードドライブなどの周辺機器を利用できるようになります

これは、現行のiPad Proモデルに搭載されているUSB-Cよりも高速です、ポートの外観はまったく同じなので、すべてのケーブルに下位互換性があります

5G対応

Appleは、iPhone 12モデルだけでなく、次期iPad Proセルラーモデルにも5G機能を導入する可能性について、さまざまな憶測を呼んでいます

Appleは、iPad Proをノートパソコンの代替品として位置づけているようですが、この機能により、iPad Proは非常に強力なモバイルプラットフォームとなります

スポンサーリンク

Mini-LEDディスプレイ

Appleは新しいiPadでMini-LEDディスプレイを採用すると予想されています、これにより、エネルギー効率が向上し、コストが削減されるとともに、OLEDパネルが画面上に画像のゴーストが残るような焼き付きを回避できると言います

しかし、Mini-LEDディスプレイを搭載するのは両方のiPad Proモデルではないかもしれません

BloombergのMark Gurman氏によると、Appleは12.9インチiPad ProにのみMini-LEDディスプレイを搭載しないかもしれないと述べています

iPad Pro2021デザイン

2021年に予定されているAppleの iPad Pro」のアップデートでは、従来のデザインに変更が加えられる可能性があることを示唆していいます

技術情報をリークしたSonny Dicksonは、新しいタブレットのデザインを示すダミーユニットの写真を含むTwitterに投稿ししています


iPad Proは現行モデルと同じトリプル背面カメラを搭載するが、写真から判断すると、12.9インチモデルのカメラモジュールは11インチモデルほど突出していないようです

2021年1月、MySmartPriceというサイトがCAD画像を掲載したが、これは第五世代iPad Proのデザインが流出したものだと主張している。前モデルとほぼ同じ外観だが、高さと幅が数mm削られています

David Kowalski(@xleaks7)氏は、リークされたCAD図面をもとに、新しいiPadのレンダリングイラストを描いています、これには、彼が「上下にある謎の磁気コネクタ」と表現するものが含まれています

他に…

人気のアクセサリーメーカーESRは、すでに2021年のiPad Proのケースとフォリオを、デザインの一部を漏らしながらオンラインストアに追加しています

2021 iPad Pro 00001

Webサイトにアップロードされた画像には、iPad Proの大幅な改良は描かれていませんが、アクセサリーメーカーは、新型iPadのスピーカーホールが少なくなることを確認しています

ESRによると、11インチiPad Proのスピーカーホールの数は、1つのスピーカーにつき13個から8〜9個に減少します、同様に、大型の12.9インチiPad Proでは、スピーカーホールの数が、1つのスピーカーにつき17個から11〜12個に減るとのことです

いろいろと噂がありますが、1週間後が非常に楽しみで、大いに期待したいですね











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)