インド、インセンティブルールの変更でiPhoneの生産に意欲

インド、インセンティブルールの変更でiPhoneの生産に意欲

インドは、PLIスキームのルールを調整することで、Appleや他の携帯電話会社が国内に生産施設を設置することをより魅力的にしており、これによりAppleは同地域での生産を増やすことができるようになる可能性があります

インドの政府は、その生産に連動したインセンティブスキームで国に多くのスマートフォンや携帯電話の生産をもたらすために大規模なメーカーを誘惑しようとしてきました

潜在的なメリットがあるにもかかわらず、Appleはこれまでのところ、この提案を受け入れていませんが、Economic Timesが報じたスキームの変更によって、Appleがこの提案を受け入れることがはるかに有用になる可能性があります

他にもいくつかの変更が行われており、例えばスマートフォン製造業界のメンバーが、企業が投資して生産を開始した後に、スキームに更なる変更を加える前にスマートフォン製造業界のメンバーを話し合いに含めるなどです

スポンサーリンク


メーカーは、基準年度の生産額を超えて、毎年増加する一定の値を超えるスマートフォンを生産した場合、5年間で生産額の4%から6%の間で段階的なインセンティブを受け取ることができます

Appleの主な生産拠点は中国ですが、伝えられるところによると、インドが潜在的な二次生産ハブとして見られています

Appleはすでに、現地でのiPhone製造に契約パートナーのWistronとFoxconnを利用しており、このスキームへのAppleの参加は、パートナーを通じて製造を増やすことを中心に展開しています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)