Apple、iPad Proの一部のモデルではブートループが発生

Apple、iPad Proの一部のモデルではブートループが発生

2017年6月に発売された10.5インチのApple iPad Proですが、それから3年近くが経過した今、このタブレットに問題が発生しているようです

Appleのコミュニティサイトでは、同端末を所有する1人が今月初めに、アプリを開いていなくても30~45秒ごとに再起動していたと書き込んでいました

これはiPadOS 13.4.1へのアップデートで起こり始めました

同じデバイスで同じアップデートが行われたため、4月に他の人が10.5インチのiPad Proが絶えず再起動していると書いていました

さらに1週間前の投稿では、11インチのWi-FiのみのiPad Pro(2018年製か2020年製のどちらか)が10分ごとに再起動することを訴えています

アップデートして再起動しても何の解決にもならず、あるiPad Proユーザーからの回答(これはAppleが推奨していた)では、ハードリセットを試すことを提案しています

これは2018年以降のモデルでは、ボリュームアップボタンを長押しして離し、ボリュームダウンボタンにも同じことをすることで達成されます、次にデバイスの上部にある電源ボタンを長押しします。その間に電源オフボタンへのスライドが出てきますが、Appleのロゴが表示されるまで電源ボタンを押し続けるだけです、タブレットはその後、ロック画面に起動します

スポンサーリンク


最新の投稿では、「iPad Proが勝手に何度も再起動するのはなぜですか?」と書かれています

最後の2つの投稿は、5月20日にリリースされたiPadOS 13.5アップデートでは問題が解決しなかったことを証明しているので実は重要で、そして、工場出荷時リセットを行っても、このバグを撲滅することはできませんでした

あるiPad Proユーザーは、iPad Proを工場出荷時の状態に2度リセットしようとしたが、効果がありませんでした、そのため、この投稿の作者は「アップデートのせいだ」と述べています

Appleがこの問題に気づいているのかどうか、そしてなぜこのバグが少数のiPadユーザーにしか影響を与えていないのかについては何も語られていません

また、この問題がiPadOS 13.4.1のアップデートに厳密に関係しているのか、それともアップデートが原因で隠れていたタブレットの問題が発覚したのかも不明です

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)