ビデオ会議「Zoom」、有料ユーザー向けに暗号化アップグレードの提供を計画

ビデオ会議「Zoom」、有料ユーザー向けに暗号化アップグレードの提供を計画

暗号化

ビデオ会議ツールのZoomは、より強力な暗号化によるセキュリティの向上を計画していますが、これは有料顧客のみを対象としており、無料版を利用している顧客は対象外です

Zoomは、コロナウイルスの大流行に促されて急増した顧客に後押しされ、ここ数カ月でテレビ会議業界で重要な存在になりました

現在の計画では、無料ユーザーは既存の暗号化機能とセキュリティ機能を使い続けることになり、有料の顧客や機関にはより充実したサービスが提供されることになります

ZoomのセキュリティコンサルタントAlex Stamos氏は、計画はまだ変更される可能性があるが、利用可能性の制限が現在の行動方針だと述べています

提案に関する見解は、Zoomが接触した組織で見解はまちまちでした

スポンサーリンク


Zoomの広報担当者はAppleInsiderに対し、「Zoomのエンドツーエンド暗号化へのアプローチは、先週公開されたばかりの暗号設計のドラフトから、どの顧客に適用するかについての継続的な議論で、進行中です」と述べました

有料ユーザー向けの暗号化拡張機能の議論は、Zoom バージョン5.0のリリースからほぼ1か月続きます

このバージョンは5月30日に、ライセンスに関係なくすべてのユーザーが利用できるようになり、プライバシーとセキュリティの問題がいくつか修正されました

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)