AppleとGoogle、プライバシーに重点を置く「COVID-19」の連絡先追跡プログラムを詳細化

AppleとGoogle、プライバシーに重点を置く「COVID-19」の連絡先追跡プログラムを詳細化

AppleとGoogleは月曜日、今後提供される連絡先追跡技術の詳細を明らかにし、このプログラムは引き続き任意であり、同プラットフォーム上に構築されたアプリを作成できるのは公衆衛生機関のみになると述べました

AppleとGoogleは、コロナウイルスの拡散を追跡し、最終的には減少させることができる新しいクロスプラットフォームのBluetooth技術を発表しました

接触追跡ソリューションは、感染者や感染の可能性のある人が一定期間に誰と接触したかの包括的な履歴を作成することで、ウイルスの伝播を追跡するように設計されています

AppleとGoogleは、従来は手作業で行われていたプロセスをデジタル化し、それによって大部分を自動化しようとしています

このシステムは、多くのAndroidとiOSデバイスで動作する予定で、2段階でリリースされる予定です

最初に、AppleとGoogleは、公衆衛生機関が連絡先追跡アプリを構築するために使用できる開発者APIを発行します、第二段階では、アプリの必要性を排除して、その機能をiOSとAndroidのオペレーティングシステムに組み込む予定です

また、OSの統合は、バックグラウンド処理を最小限に抑えることで、バッテリーの寿命を延ばすことができます

AppleとGoogleによると、各段階で、システムは「プライバシー、透明性、ユーザー管理」の原則に基づいて構築されていると述べました
England NHS 00001 z

スポンサーリンク


この技術が実装されると、デバイスに搭載されているBluetoothハードウェアを使用して、所有者が近くにいる人を把握できるようになります、具体的には、Bluetooth識別子が交換され、ローカルに保存されます

その後、連絡先がCOVID-19に陽性反応を示し、その情報を共有することに同意した場合、連絡先のデバイスは14日間のキーを中央サーバーに送信します

スマートフォンは定期的に、陽性のブロードキャストビーコンや、COVID-19が陽性であると報告したユーザのビーコンをダウンロードし、ローカルに保存されている匿名の識別子のリストの中から一致するものを探し、一致が検出されると、重要な正常性情報へのリンクを含むアラートが表示されます

AppleとGoogleは、強力なプライバシーポリシーを尊重するために、システムをゼロから構築しました、システムの一部として位置データや個人を特定できる情報は収集されず、各デバイスのBluetooth識別子は、不要な追跡を防ぐために定期的に変更されます

また、両社は月曜日に、システムには明示的なユーザーの同意が必要であり、進行中のパンデミックの管理と追跡のために公衆衛生当局のみが使用できることを確認しました

さらに、ユーザーが接触した人のリストはデバイスにローカルでのみ保存され、陽性診断後などに共有を選択しない限り共有されません

COVID-19に陽性反応を示した人の実際の身元は、AppleやGoogleなどのユーザーには明かされず、企業は必要がなくなったときに地域ごとにシステムを無効化できます

乱用や偽陽性の可能性に対処するために、公衆衛生当局が診断を確認した場合にのみ通知が行われるようです

AppleとGoogleによると、連絡先追跡の第一段階は5月中旬に実施され、OSアップデートは「今後数ヶ月のうちに」と述べています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)