HomePodオペレーティングシステム、HomePod miniの噂の中でiOSの代わりにtvOSをベースに

HomePodオペレーティングシステム、HomePod miniの噂の中でiOSの代わりにtvOSをベースに

先月AppleはHomePod Software 13.4アップデートをリリースし、ユーザー用の新機能はありませんが、このアップデートはAppleがHomePodエコシステムを管理する方法に大きな変化をもたらしました

9to5Macが最新のHomePodファームウェアを分析したところ、バージョン13.4から、HomePodオペレーティングシステムはiOSではなくtvOSをベースにしているという予想外の結果がわかりました

すべてが同じベースシステムで動いているので、HomePodの使い方に影響はないが、AppleがHomePodの将来のために何をしようとしているのかを考えさせられます

消費電力を削減するためには、iPhoneやiPadほど多くの機能強化は必要ないため、tvOSコードをHomePod Softwareと共有することで、Appleはその点で余分な作業を省くことができるはずです

スポンサーリンク


iOS14はA8チップ搭載デバイスのサポートを終了する可能性が高く、HomePodの最初で唯一の世代はA8チップを搭載しています

AppleがHomePodを長期間アップデートし続けたいのであれば、A8チップをサポートしていることから、HomePodソフトウェアはiOS14ではなく、次のバージョンのtvOSをベースにするのが理にかなっています

9to5Macは、HomePod Software 13.4のコードに、Appleのスマートスピーカーの少なくとも二つの新モデルに関する記述があることを発見しましたが、現時点ではそれ以上の詳細を特定することはできていません

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)