Apple Health チームは方向性の違いで多くの離職者問題に直面

Apple Health チームは方向性の違いで多くの離職者問題に直面

Apple Health チームは離職者の問題に直面

Apple Health チームは、リーダーシップに関する一連の変更と方向性に関する内部的な意見の不一致の後、過去1年間に多数の離職者がいました

事情に詳しい8人によれば、この数ヶ月間、チーム内で緊張が高まっていますが、その底流は数年前に始まりました

一部の従業員はグループの文化に幻滅し、一部の従業員は繁栄している一方で、他の従業員は傍観者で、自分のアイデアを進めることができないと感じています

8人のうち4人は、一部の従業員が医療機器、遠隔医療、健康支払いなど、医療システムでより大きな課題に取り組むことを望んでいますが、代わりに健康に取り組む幅広い人々に焦点が当てられていると述べています

Appleはヘルスケアを重点分野の1つと説明しており、CEOのTim Cookは、いつかAppleが「人類への最大の貢献」になることを望んでいると述べています

Health チームの離職率がApple内の他のグループよりも高いかどうかは明らかではありません

スポンサーリンク

リーダーシップの構造

医療チームは、医療部門に個人的な情熱を持つ同社の最高執行責任者であるJeff Williams氏ズに報告します

2016年、Williams氏はWatchチームがヘルスケアのセンサーとアルゴリズムを探求するようにプッシュしました

健康チームのリーダーシップには、健康記録に取り組んでいる医師やエンジニアのグループを含むソフトウェアプロジェクトを監督するKevin Lynch氏が含まれます

時計ハードウェアを率いるEugene Kim氏、Sumbul Desai氏は、AC Wellnessヘルスクリニックを運営する臨床チーム、心電図アプリ、Apple Heart Study、および健康戦略を監督しています

これらの4人のリーダーは、Apple Healthで働いている何百人もの人々を管理し、AppleHealthは近年積極的に雇用し、拡大しています

会社を辞めたApple Health チームの従業員のほとんどは、Desai氏のグループで働いていたか、2017年の夏にスタンフォード大学から採用された直後に退職しました

スポンサーリンク

方向性の違い

重要な問題の1つは、Appleの健康チーム内の長期的なビジョンです

健康は、一般的に健康な人を運動、瞑想、睡眠などの分野で支援することを含み、医療アプリケーションは特定の病気の患者を対象としています

健康は、病気の診断と治療よりもリスクが低く、規制も少ないですが、医療システムのコストの大部分はそうでなく、費用のほとんどは医療システムで米国保健医療支出のほぼ 90% は慢性疾患を持つ人々に対してです

遠隔医療サービスを導入し、医療費の支払いに移行して保険請求を簡素化することを望んでいた 1 つの派閥が、これらの取り組みの推進には成功しませんでした

Appleのチームが2017年半ばに買収する前に数ヶ月かけて調査した睡眠センサーであるBedditをもっと活用したいという人もいました

また、AC Wellnessヘルスクリニックについても、医療ソフトウェアに進出し、最終的には臨床医向けの製品を生産すべきか、Appleの従業員に集中するべきかについて意見の相違があります

これらの事情に詳しい人々は、医療業界に対する会社の仕事について透明性を保つべきかどうかについても意見の相違があると述べました

Appleはこれまで、そのプロジェクトについて非常に秘密を守ってきました

しかし、業界では通常、公開された研究、臨床研究、および業界の利害関係者とのオープンな対話を維持しているため、このレベルの秘密は、ヘルスケアで維持することがより困難です

(Via CNBC.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)