iPhone、中国での交換サイクルの長期化で2019年に2桁減少する可能性がある

iPhone、中国での交換サイクルの長期化で2019年に2桁減少する可能性がある

JP Morganによる市場分析が正しいと仮定すれば、2019年にはスマートフォン業界全体が大きな影響を受ける可能性があります

中国での交換サイクルの長期化

AppleInsider は、iPhoneの台数は、中国での交換サイクルが長期化し、需要が低迷しているため、2019年では前年比2倍の数字で減少すると予想しているとしています

中国における12月四半期のスマートフォンの出荷台数は前年同期比で20%減少すると推定され、業界全体では今年の売上が 4.8から5.5%の間で縮小し、2018年には2.9から3.3%の損失となると予測されます

2020年までに回復が見込まれていないため、5G電話がさらに利用可能になり、インターネットの高速化のためにアップグレードが求められます、それでも業界の成長率は1.9%ではなく0.9%と予測されています

Appleの主な競争相手であるSamsungは、2019年に自社の出荷台数が一桁台前半の減少となると予想しています、これはプロセスの利益率が大幅に犠牲になるにもかかわらず、手頃な価格の低価格帯および中価格帯の携帯電話を製造したいという意欲です

スポンサーリンク

スマートフォンの低価格化も要因

AppleのCEO、Tim Cook氏は、12月四半期の50億ドルの収入不足を発表する中で、主に中国のiPhoneの売上高の低迷を理由としましたが、「外国為替逆風」「一部の新興市場での経済的弱さ」、および2018年バッテリー交換プログラムのような要因も抱えていました

このバッテリ交換プログラムでは、通常の11倍となる約1,100万台のバッテリが交換されたことが解っています

中国市場での問題は、HuaweiやXiaomiなどのローカルブランドの台頭など、現在ではiPhoneより安価で高品質のデバイスを販売していることなど、さまざまな要因の組み合わせから生じています

Appleの最も安価なiPhone XR(米国で749ドルから)でさえ中国では非常に高額な金額になり、中国では一般の人の月給と同じくらい高額の金額になっています

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)