Appleは、バッテリ交換プログラムでiPhoneのバッテリを1,100万台交換した

Appleは、バッテリ交換プログラムでiPhoneのバッテリを1,100万台交換した

通年より約 1,000万台多いバッテリ交換

Appleは、2017年末に導入され2018年12月31日に終了した 29ドルでのバッテリ交換プログラムで 1,100万台のiPhoneのバッテリを交換しました

Tim Cook氏が投資家への手紙でAppleの2019年第1四半期決算予測を下方修正し、従業員全員の会議をおこないました、この内容は現在殆ど漏れてきていませんが、Daring FireballのJohn Gruber氏が聴いたところでは・・・

Tim Cook氏によるとAppleは通常 1年間 100〜200万台のバッテリ交換をしていましたが、バッテリ交換プログラムの実施で通常よりも約 900〜1,000万台多いバッテリの交換を実施しました

Cook氏は、Appleの2019年第1四半期決算予測の下方修正の理由の一つにバッテリ交換プログラムを挙げています

スポンサーリンク

バッテリ交換プログラムの影響も

Gruber氏はこの状況を踏まえて、AppleのバッテリープログラムがiPhoneの販売に与える影響についてJean-LouisGasséのブログを引用し、

29ドルの期間限定オファーがAppleの数字に大きな影響を与えたとは信じられない。Appleは何十万もの電池を交換したか疑わしい。Apple Store 1店舗あたり100台の交換で500店舗となると、それは50,000人の顧客で、見過ごした新しいiPhoneの収益のわずか5,000万ドルに過ぎません
[更新:上記の私のバッテリーアップグレードの議論は2つの点で間違ってました
・読者が指摘したように、私の数字の見積もりは低すぎるかもしれません
・そして…エラーは関係ないかもしれません。Appleは11月1日のガイダンスを発行する際に、バッテリーの交換数について十分な知識を持っていた

推測として

新しいiPhoneの売上高に対する電池交換プログラムの効果は、iPhone XRとXSモデルが利用可能になるまではっきりしなかった
新しいバッテリを搭載した古いiPhoneのパフォーマンスに満足している数百万人のiPhoneユーザー(今年は新しいiPhoneにアップグレードしていたはずだった人)が、最終的に利益を生んでいたはずでした

(Via Daring Fireball.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)