Appleは、65歳以上の人々がApple Watchを手に入れることで民間のMedicare planと協議している

Appleは、65歳以上の人々がApple Watchを手に入れることで民間のMedicare planと協議している

65歳以上の人のためのApple Watch

Appleは65歳以上の人々が健康トラッカーとして使用するためにApple Watchに助成金を支払うことについての少なくとも3つの民間のMedicare Planと協議していると言われています

保険会社は、旧モデルの初期費用である279ドルの値札を買う余裕がない人のために、機器の費用を補助する方法を模索しています、転倒検知や心臓のリズムを測定するための心電図など、最新バージョンのデバイスは、最低399ドルで販売されています
ECG 00004b
交渉はまだ公式の取引には至っていないようですが、Appleは市場で最大規模の保険会社数社と、小規模でベンチャー資金を得たMedicare Advantageのプランをいくつか訪問しています

A2ストラテジーグループの健康保険コンサルタントであるAugustin Ruta氏は、「これらの民間のMedicare Planに加入しているメディケア会員は解約率が低い傾向があると指摘し、保険会社は会員の長期的な健康上の結果に投資する動機を強めることになります」と説明しています

スポンサーリンク

保険大手と補助金に関する契約

PricewaterhouseCoopersのブランド名であるコンサルティング会社PwCは、2020年までにメディケアアドバンテージ市場の年間売上高が3,500億ドルを超えると予想していますが、保険会社の利益を制限するように規制されています

政府の支払いは、実証済みの利益がある場合、メディケアアドバンテージのプランを実行している保険会社にとって、Apple Watchのような新技術への投資をより柔軟にします

メディケアアドバンテージプランを採用した新興企業でブライトヘルスのCEOのBob Sheehy氏は、「Appleは、スタンフォード大学との共同研究やZimmer Biometとの提携など、この種の研究への投資を増やして、Apple Watchを通じて患者が膝関節置換術からどの程度迅速に回復できるかを理解しています」と述べています

最新のApple Watchには、心電図が含まれています、65歳以上の人は脳卒中やその他の致命的な健康へのリスクが若い人に比べて高い状態です、結果Apple Watchは病気を診断したり医者に取って代わることはしていないが、同社はそれを「知的健康管理者」と位置付けています

Tim Cook氏は CNBCのインタビューで次のように語っています

私たちは、その機関と一体となり、個人が自分の健康を管理する権限を与えます、そして、私たちはまさにこの最前線にいます

Appleのヘルスチームは、メディケア以外の他の大手保険会社と協力することも検討しています

昨年の8月にAetnaと契約を結びました、そして2018年11月には、それはUnited Healthcareと統合し、Apple Watchの費用を助成するために1日に少なくとも1万歩を歩く人に報いるプログラムを提供しました

また、生命保険会社のJohn Hancockと協力して、健康的なライフスタイルを送っている人々に大幅に値引されたApple Watchを提供しています

(Via CNBC.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)