Appleは2018年のiPhoneでQualcommのチップを使いたかったが、拒否される

Appleは2018年のiPhoneでQualcommのチップを使いたかったが、拒否される

Qualcommが販売を拒否

これまでのところ、iPhone XS のラインナップとiPhone X R が、Intel とQualcomm を混在させるのではなく、内部でIntel チップを使用していることは古くからのニュースです

そして、その年のiPhoneにはAppleが常にIntel専用を使いたがっていたと推測する人もいましたが、そうではないことがわかりました

Appleの最高執行責任者(COO)、Jeff Williams氏によると、Appleに対して驚くほど厳しい姿勢を取っており、2018年のiPhoneラインナップで同社にチップを販売することを実際に拒否したのは、実際にはQualcommでした

Williams氏によると、AppleはQualcommとの法廷闘争にもかかわらず、もともとはIntelとQualcommのチップをiPhoneのラインナップに使用することを計画していたといいます

QualcommのCEOであるSteve MollenkopfがAppleを拒否した結果、同社はIntelに頼り、昨年発売されたiPhone用のLTEチップすべてをIntelに対応させるよう要求しなければなりませんでした

スポンサーリンク

特許バトル

興味深いことに、Williams氏はQualcommとAppleとの関係をさらに進め、2011年にアップルがCDMA対応チップの使用に関してインフィニオンを介してQualcommとの契約を締結したとき、QualcommはiPhoneのコストの一部を要求し、Appleは結局1台の電話につき7.50ドル払わなければならなくなりました

当時競合していたネットワーク機能であったWiMaxの採用​​をやめるためには、Appleは「マーケティングインセンティブ契約」と呼ばれるものにさえ同意しなければなりませんでした

2013年に、Apple とQualcomm は彼らの取引について再交渉しました、これはApple に年間ライセンス料がおよそ10億ドルかかることになり、これは、Qualcomm の独占権が効力を発揮するところです

iPhoneにおけるQualcomm のチップとIntel チップとの関係が、一般に消費者にとって素晴らしいものではなかったのです

(Via CNET.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)