iOS 15およびiPadOS 15アップデート後にシステム言語が英語以外では、Windows版iTunesがクラッシュ

iOS 15およびiPadOS 15アップデート後にシステム言語が英語以外では、Windows版iTunesがクラッシュ

9月20日(現地時間)にiOS 15が一般公開されたのに続き、AppleはiOS 15とiPadOS 15に対応したWindows用のiTunesの新バージョンも導入しました

しかし残念なことに、このアップデートによって、システム言語を英語以外の言語に設定しているユーザーのiTunesがクラッシュしてしまいました

ブラジルのWebサイトTecnoblogが指摘しているように、一部のユーザーは、iTunes 12.12.0.6にアプリを開けないバグがあることをApple Communitiesに訴えています

エラーメッセージには、「必要なファイルの一部が見つからないため、iTunesを実行できません。iTunesを再インストールしてください」というエラーメッセージが表示されます

この問題は、Microsoft Storeで販売されているiTunesのバージョンに限ったものではないようで、一部のユーザーはAppleのWebサイトから直接iTunesをダウンロードして再インストールしようとしたが、同じエラーメッセージが表示されました

スポンサーリンク


最初の既知の回避策は、古いバージョンの 「iTunes for Windows」 をインストールすることでしたが、Tecnoblogは、このエラーが言語のバグに関連している可能性があることを発見しました

具体的には、Windowsの言語が英語に設定されていない場合、iTunes 12.12.0.6がクラッシュするようです

オペレーティングシステムの言語を英語に変更すると、iTunesが正常に開きます、ユーザーが別の言語に切り替えると、バグが再び現れます

Windows iTunes 002

Appleは、この問題を修正したiTunesのアップデートがいつリリースされるかを明らかにしていませんが、アプリは数日以内にアップデートされる可能性が高く、それまでは、このバグが発生した場合、Windowsの言語を英語に変更するだけで済みます

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)