「Bates: The (R)evolution of Steve Jobs」がグラミー賞の最優秀オペラ・レコーディング賞に輝く

「Bates: The (R)evolution of Steve Jobs」がグラミー賞の最優秀オペラ・レコーディング賞に輝く

Bates: The (R)evolution of Steve Jobs

Appleの共同創設者兼最高経営責任者(CEO)の生涯を描いたオペラである「Bates: The (R)evolution of Steve Jobs」は、グラミー賞の最優秀オペラ・レコーディング賞を受賞しました

オペラで紹介されている台本を書いたMark Campbell氏は、「私は最初はこの問題についてちょっと躊躇していました、Steve Jobsはとても人気があり、私たちの世界の一部でもあります。オペラの作成には地雷原がいっぱいです。しかし、オペラティックな形で私は物語をできると考えました。大きな英雄でもなく、彼を何らかの形で傷つけたようなオペラも欲しくありませんでした。私は彼のバランスの取れた肖像画を描くような台本を作りました」と語っています

スポンサーリンク


オペラはJobsの人生で最も重要な瞬間の19を再活性化します

それは仏教への彼の紹介とローレンジョブズへの彼の結婚からまさしく私たちが毎日書くことについて毎日8時間を費やすすべてのガジェットを発明する彼の役割まですべてを描いています

そのオペラは現在シアトルで公演する準備ができています

Apple Musicを含む音楽ストリーミングプラットフォームでBates: The (R)evolution of Steve Jobsを聴くことができます

(Via Cult of Mac.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)