iOS 16.3のアップデート後にユーザーがiCloudバックアップの問題を発見

iOS 16.3のアップデート後にユーザーがiCloudバックアップの問題を発見

一部のiCloudユーザーは、iOS 16.3にアップデートした後、iCloud Drive、写真、バックアップのアップロードとの同期に問題があり、すべて2要素認証の欠如に関係しているようです

AppleのサポートフォーラムやRedditへの投稿や、AppleInsiderに問い合わせた読者の一人によると、iCloudを操作しようとする一部のユーザーに問題が発生しているようです

これらの事例は、iOS 16.3のアップデートにより、物理的なセキュリティキーを使用してアカウントを保護できるようにセキュリティが変更されたほか、Advanced Data Protectionが米国外にも拡大されたことを受けたものです

ユーザーによる報告では、更新後にオフになっている、以前にアクティブで機能していた機能を有効にしようとすると、「予期しないエラーが発生しました。しばらくたってからもう一度お試しください 」というメッセージが表示されると説明されています

これらの機能には、iCloud DriveとiCloud Backupなどが含まれます


ユーザーによる報告全体に共通するのは、ほとんどの場合、2要素認証が有効になっていないということです

場合によっては、Apple IDに対する2要素認証を有効にすることで回避できますが、誰もが自分のアカウントでそのセキュリティ機能を有効にしたいわけではありません

また、ユーザーが同じ問題を抱えているにもかかわらず、すでに2要素認証を有効にしているという報告もいくつかあり、別の原因による可能性もあります

AppleのiCloudデータセキュリティ概要によると、「新しいApple IDはすべて2要素認証を必要とする」とのことで、アカウントで有効にする必要があるほか、エンドツーエンドの暗号化など、エコシステムの他のさまざまな機能でも必要とされています


Appleは2022年12月に米国でAdvanced Data Protectionを展開しており、iCloud Drive、デバイスやメッセージのバックアップ、写真などの要素にエンドツーエンドの暗号化を追加していいます、この機能は1月23日に他の国にも拡大されました

また、Appleのサポートに助けを求めようとしたユーザーもいるようで、Appleもシステムに何かが起こっていることを認識しているようです

(Via Apple Insider.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)