Apple、最新のベータ版でHomePodの空間オーディオとロスレス対応をサポートへ

Apple、最新のベータ版でHomePodの空間オーディオとロスレス対応をサポートへ

HomePodとHomePod miniのApple Musicで、空間オーディオとロスレスのサポートが始まりました、HomePod 15 beta 5では、Appleはホームアプリの中にDolby Atmos専用の新しいトグルを追加しました

最新のベータ版を使っている人全員がそれを見つけることができるわけではありませんが、以前のベータ版ではロスレストグルを見ることがない人もいたので、AppleがHomePod上でDolby Atmosとロスレスサポートを一緒に立ち上げようとしていることを示しています

これらの機能がすでに有効になっているかどうかを確認するには、iOS 15およびHomePod 15の最新ベータ版を実行している必要があります

スポンサーリンク

確認方法

  1. Homeアプリを開く
  2. 左上にあるホームアイコンをタップします
  3. 「ホーム設定」を選択し、自分のプロフィールをタップします
  4. 「メディア」の中の「Apple Music」タブをタップします
  5. 「ロスレス・オーディオ」と「Dolby Atmos」をオンにします
  6. HomePod 15 beta 5 001

Appleは、それぞれのトグルが何をするかについても説明しています

ロスレス・オーディオ:ロスレス・ファイルは、元のファイルのすべての詳細を保持します。これをオンにすると、非常に多くのデータが消費されます

Dolby Atmos:Dolby Atmosおよびその他のDolby Audioフォーマットでサポートされている曲を再生します。

両方の機能をオンにすると、HomePodはこの2つのフォーマットで曲を再生できるようになります

HomePod 15 beta 5 002

ベータ版とは別に、Dolby Atmos機能を搭載したオリジナルのHomePodは、Apple TV 4Kとペアになっているときにしか使えません

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)