YouTubeのオーディオをHomePodで聴取する方法

YouTubeのオーディオをHomePodで聴取する方法

YouTubeではまだHomePodを公式にサポートしていませんが、YouTubeのミュージックビデオをHomePodで聴くことが出来ます、これを可能にしたのは、iPhoneやAppleのエコシステム内でかなり前から存在しているAirPlayの助けです

Siriに特定のYouTubeビデオをHomePodで再生させようとすると、「ここでアプリケーションを開くことができない」という反応が返ってきます

これは、HomePodはペアリングされたiPhoneにインストールされたアプリを開くことができないからですが、だからといってYouTubeビデオを全く再生できないということにはなりません

Siriに音声を再生させることができない状況では、常にAirPlayという代替ルートがあります

AirPlayは、iPhoneで再生されているオーディオをYouTubeを含むHomePodに直接ストリーミングすることが出来ます

スポンサーリンク

YouTubeオーディオをHomePodにAirPlayする方法

これを行うには、iPhoneまたはiPadでYouTubeアプリを使用する必要があるので、インストールされていることを確認します

  • iOS/iPadOSデバイスでYouTubeアプリを起動し、HomePodを使って聞きたいビデオを見つけます
  • ビデオの再生を開始し、画面の右上隅から下にスワイプしてiOSコントロールセンターを表示します
  • Youtube HomePod 00002

  • コントロールセンターの右上に再生カードがあります、ここで、下のスクリーンショットのようにAirPlayアイコンをタップして先に進みます
  • Youtube HomePod 00003

  • HomePodを含むAirPlay互換デバイスのリストが表示されます、HomePodをタップするだけで、現在再生中のYouTubeビデオのオーディオソースとして選択できます
  • Youtube HomePod 00004

  • すぐにオーディオ再生がHomePodに切り替わります、iPhoneで他のビデオを開くことはできますが、オーディオはHomePodでストリーミングされ続けます、同じメニューからオーディオソースとしてiPhoneに切り替えることができます
  • Youtube HomePod 00005

これで、YouTubeビデオのオーディオ配信先はHomePodだけになります

このAirPlay方式は、YouTubeでミュージックビデオやポッドキャストを見ているときではなく、聴いているときに便利です

スポンサーリンク

Macの場合

Macでは、SafariでYouTubeビデオを見ているときにAirPlayアイコンを探してクリックし、オーディオソースを切り替えるだけです

Youtube HomePod 00006

ただし、Macからの場合はHomePodを2台接続してステレオ指定していても、ステレオは利用出来ません

AirPlayを使って他のコンテンツをストリーミングすることもできます

例えば、SpotifyはまだHomePodを公式にサポートしていないが、AirPlayを使ってHomePod上で曲をストリーミングすることができます

他のサードパーティの音楽ストリーミングサービスやビデオストリーミングサービスにも同じことが当てはまり、AirPlayにアクセスしてHomePodを選択すればすぐに使えます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)