【Mac】標準アプリケーション「プレビュー」(その1:スクリーンショット&アノテーション)

スポンサードリンク

【Mac】標準アプリケーション「プレビュー」(その1:スクリーンショット&アノテーション)

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

標準アプリケーション「プレビュー.app」



Macをインストールすると標準でインストールされているアプリケーションに「プレビュー.app」があります

私はちょこっと使うぐらいで殆ど利用していませんでした、実際にどれくらい使えるものなのか使ってみようとしたら・・・こんなことにも使えるんだとビックリするくらいです

で、最初はこの「プレビュー.app」で「スクリーンショット&アノテーション」をレビューしたいと思います

Mac OS Xに元から在る「command(⌘)」+「3」「4」「5」や「スクリーンショット撮影専用」や「スクリーンショット&アノテーション」のサードパーティのアプリを使っておられる方が多いのではないかと思います、実際私は「スクリーンショット撮影専用」で「Snaps Pro X」、「スクリーンショット&アノテーション」で「Skitch」を使っていますがこれらのアプリケーション以上の機能もあります



スポンサードリンク



  • メニューの「ファイル」>「スクリーンショットを撮る」から選択します
  • Preview 001

  • 「選択部分…」の場合はポインタが「+」と座標の数値のアイコンに変わります
  • Preview 002

  • 矩形を描いて選択範囲を選択します
  • Preview 003

  • 「ウィンドウ…」を選択した場合はポインタがカメラのアイコンに変わります
  • Preview 004

  • 「ウィンドウ」をクリックすると撮影されますが「ウィンドウ」の影がつきます
  • Preview 005

  • 「ウィンドウ」をクリックする時に「option(⌥)」キーを押しながらクリックすると影はつきません
  • Preview 008

  • 「画面全体…」を選択した場合は10秒後にシャッターが落ちます
  • Preview 009

  • 「esc」キーを押すとカウントダウンがキャンセルされシャッターが落ちます
  • Preview 010


デフォルトのショートカットでのスクリーンショットの場合はデスクトップに自動で保存されますが、「プレビュー.app」を使えばフォルダにナンバリングして保存出来ます



スポンサードリンク

関連記事



【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK