スポンサードリンク

「iOS 11」でアプリの削除方法が2通りの方法とその違いとは?

スポンサードリンク

「iOS 11」でアプリの削除方法が2通りの方法とその違いとは?

アプリを削除する(従来の方法)

「iOS 11」では、数多くの新機能や変更がおこなわれています、これまでMacやWindowsのiTunesでアプリの管理を行う事が出来ていたのが「iTunes 12.7」からはアプリの管理が行えなくなりましたが、ただバックアップや復元を行う機能は残っています

アプリの管理は、iPhoneやiPadの各デバイスで管理するようになったのはこれらの関係だろうと想像されます

従来からの方法は、アプリを長押しするとアイコンの右上に「X」が付いてこの「X」をタップすることで、アプリを削除することができました
AppDeleate 006
この場合「Evernote」などのようにデータをCloud上に置いておくアプリは別として、データを内包するアプリは削除されたアプリと共にデータも削除されて来ました


スポンサードリンク



もう一つの方法

  • 「設定」>「一般」から「iPhoneストレージ」をタップします
  • AppDeleate 002

  • 「iPhoneストレージ」が表示され、下にスクロールします
    • 非使用のAppを取り除く
    • 空き容量が2.49GB以下になると使用していないアプリの「Appを取り除く」と同じ状態で「書類とデータ」は保持されたままとなります

    • 古いチャットを自動削除
    • 2.44GBまたは1年を経過したメッセージと添付ファイルが自動的に削除されます

    AppDeleate 008

    • アプリの使用状況と使用ストレージ量が表示されます、削除しようとするアプリをタップします
    • AppDeleate 007

    • アプリが表示され先ほどの使用ストレージ両の詳細の「Appのサイズ」と「書類とデータ」量が表示されます
      • Appを取り除く
      • 「Appのサイズ」のみ削除され「書類とデータ」は保持されたままになるので、もう一度インストールした場合はデータを利用できます

      • Appを削除
      • 「Appのサイズ」と「書類とデータ」共に削除されるので、再インストールした場合は最初からと言う事になります

    • AppDeleate 004

    「iPhoneストレージ」から「Appを取り除く」を実行した場合

    • 「Appを取り除く」が「Appを再インストール」に変更になります
    • AppDeleate 009

    • ホーム画面ではアプリ名の前にアプリだけが取り除かれた「インストール」のアイコンが表示されます
    • AppDeleate 011

    • アプリのアイコンをタップすると再インストールが始まります
    • AppDeleate 010

    iTunesでアプリの管理ができなくなった事は残念な事ですが、状況に合わせた削除が出来るようになった事は嬉しい事です

    状況に合わせて上手く使いこなしたいものですね

    では、では・・・


     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でフォローしよう!

関連記事

スポンサードリンク








【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク