Google マップよりApple マップを好む5つの理由

Google マップよりApple マップを好む5つの理由

Bradley Chambers氏は9to5Macで、2012年のiOSでリリースされたAppleマップは騒動を起すような問題があったが、6年経過した現在iPhoneにはGoogleマップをインストールせずAppleマップだけにしている、5つの理由を説明しています

1. プライバシー

AppleとGoogleは大きく異なるビジネスモデルを持っており、Maps製品はその主要な部分で、実際Googleには過去の場所を確認できる製品もありGoogleタイムラインと呼ばれています

私はこの機能を愛する人がいる理由を知っていますが、私はそうではありません、AppleマップのAppleのプライバシーポリシーが、私は好きなのです

マップを使用するにサインインする必要はありません、次のアポイントメントのために出発する時を知らせるようなパーソナライズされた機能は、デバイス上のデータを使用して作成されます

検索用語、ナビゲーションルーティング、交通情報などを使用している間にMapsが収集するデータは、ランダムな識別子に関連付けられているため、Apple IDに関連付けられません

これらの識別子は、アプリを使用して自分自身をリセットして、最高のエクスペリエンスを確保し、マップを改善します

予約アプリで使用される地図拡張機能は、独自のサンドボックス内で実行され、独自の親アプリと共有されます、乗り物の予約アプリでは、マップは出発地と目的地のみを延長で共有します

2. Siriの統合

Siriは最高の音声アシスタントではありませんが、運転の時に信じられないくらい便利です

「Hey Siri、自宅に帰る」と音声で伝えることが出来るのは運転中に大変役立ちます、 AppleがユーザーにSiriを新しいデフォルトアシスタントにGoogleやAmazonに置き換えることを許可しない限り最高のアシスタントであり続けます

スポンサーリンク

3. Apple Watch

多くのApple Watchアプリが消えているいますが、Appleマップは組み込みの便利な機能のままです

iPhoneがナビゲーションをしているとき、Apple Watchは警告を出して振動します、この機能は歩行の方向でも機能します

Apple Watch を着けると、この機能だけでAppleマップが非常に魅力的なプラットフォームになります

4. Yelpの統合

企業レビューのデータベースを構築する代わりに、Apple MapsにYelpを統合してデータを取り込むことができます

Yelpは長年にわたって存在しており、地元の企業に関する膨大なデータを持っています、実際に私はYelpをレストランの予約のためにかなり使います、2つのアプリケーションの統合はうまくいっていて、Apple Mapsの重要な部分です

5. 十分な地図データ

地図データのみに基づいて商品を選ぶ必要があった場合、Googleマップ以外のものを選ぶのは難しいでしょう

GoogleマップはAppleマップよりもずっと長い間ずっと続けてきており、ますます良くなっています

私の非科学的意見は、AppleマップのデータはGoogleの良さの85%です、Appleマップの利点はApple Payで支払のできる店舗のリストが表示出来ることです

(Via 9to5Mac.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)