スポンサードリンク

【iOS 11】iPhoneで増強されたAR(拡張現実)で、なぜAndroidは後塵を拝するのか

スポンサードリンク

【iOS 11】iPhoneで増強されたAR(拡張現実)で、なぜAndroidは後塵を拝するのか

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

次のレベルに引き上げる

Appleは、新しい製品や技術を市場に最初に投入することについてあまり気にしたことがありません、 iPodからApple Watchまで、Appleの基本的な考え方は、新しいカテゴリを最初から作成するのではなく、既存の製品カテゴリを次のレベルに引き上げることが含まれていることは、よく知られていることです

この考え方が、iPhone 8の発売とiOS 11のリリースにおいて、拡張現実空間で再び歴史が再現されるようです

AR(拡張現実)

今年のWWDCで、Appleは魅力的な拡張現実感アプリケーションをこれまで以上に簡単に作成できる新しい開発ツールとフレームワークのスイートであるARKitを発表しました

実際、最初のiOS 11ベータ版が開発者にリリースされたわずか数日後に、ARKitのデモがウェブに公開されました

既存のiPhoneの所有者でさえも、補完的なハードウェアを必要とせずに高度な拡張現実感のアプリケーションを楽しむことができます
さらに、Appleの主力製品であるiPhone 8には、拡張現実感アプリケーションのための深度保護機能を強化するために設計された3Dレーザーセンサーが搭載されているとの噂です

拡張現実空間へのAppleの関心が興味深いのは、市場を席巻する最初の技術からかなり遅いことです

Googleは3年前にProject Tangoを既に発表しています、にもかかわらず有利なスタートをしたGoogleはAppleがモバイルベースの拡張現実市場で増大することができなくなりそうです


スポンサードリンク



Googleの問題点

  • Project Tangoには特殊なハードウェアが必要
  • Androidを悩ましている断片化の問題があるため、Androidユーザーの大部分はProject Tango互換デバイスを実行していない
    現時点までに、ブルームバーグは、Project Tango、Phab 2 Pro、ZenFone ARをサポートする「現在のところ、携帯電話は2つしかない」と付け加えています

  • デバイスによるカメラの違い
  • 携帯メーカーがProject Tango互換となっても、カメラの仕組みはデバイスによって大きく異なる

一方、Appleは対照的に「iPhone SE」以降のiPhone、全モデルのiPad Pro、9.7インチiPadで「ARKit」が動作し、今秋の「iOS 11」にアップデートすることで一気に5億台で利用が可能となります

(Via BGR.)


やはり、ソフトとハードの両方を制御できることのメリットは大きく、優位にことを進めることができます

このことも、新しいカテゴリを最初から作成するのではなく、既存の製品カテゴリを次のレベルに引き上げると言う考え方と共に、iTunesやApp Storeなどのサービス部門をみると、Appleの中では常に考えられていることだと思われます


では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

スポンサードリンク








【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク