【macOS Catalina 10.15】Dockが消え続ける問題のトラブルシューティング

【macOS Catalina 10.15】Dockが消え続ける問題のトラブルシューティング

Dockが消え続ける

一部のユーザーはmacOS Catalina にアップグレードしようとするとさまざまな問題を抱えています

よく報告される問題の1つは、更新後にMacのDockが消えることです

MacOS Catalina Dock 00002 z

一部のユーザーは、Dockが消え続けることを報告しており、ユーザーは1日に何度もコンピューターを再起動する必要があります

スポンサーリンク

Dockが消え続ける問題を修正する方法

まず、最初にDockの設定を確認します、「システム環境設定」>「Dock」に移動して、設定状況を確認しておきます

MacOS Catalina Dock 00001 z

さらに、「Option(⌥)」+「Command(⌘)」+「D」キーを押すと、Dockが表示または非表示に切り替わります、このショートカットが機能しているか確認します

  1. 「メニュー」>「再起動」を選択して、Macを再起動します
  2. Macをセーフモードで起動します
    1. 「メニュー」>「システム終了…」に移動して、Macの電源を切ります
    2. Macの電源を入れ、すぐに「Shift(⇧)」キーを押したままにします、Apple ロゴが画面が表示
    3. ログインウィンドウが表示されたら「Shift(⇧)」キーを放します
    4. パスワードを入力します(起動ディスクが FileVault で暗号化されている場合は、ログインが 2 回必要になることがあります。1 回目で起動ディスクのロックが解除され、2 回目で Finder にログインします)
    5. これで、Macはセーフモードで実行されます(Macは通常より遅い場合があります)
    6. Dockが表示されるか確認します
    7. セーフモードを終了するには、Macを再起動します
  3. 環境設定リストをリセットすると、問題を解決できる場合があります
    1. Finderを起動します
    2. 「Option(⌥)」キーを押したまま、メニューバーの「移動」>「ライブラリ」クリックします
    3. これにより、ライブラリフォルダが開きます
    4. 「Preferences」フォルダーをクリックします
    5. 「com.apple.dock.plist」という名前のファイルを見つけ削除します(ごみ箱に移動します)
    6. Macを再起動します
  4. 解決できない場合は、「macOS 復元」を使用してmacOSを再インストールします
    1. 「メニュー」>「システム終了…」に移動して、Macの電源を切ります
    2. Mac の電源を入れて、その直後に「command (⌘)」+「R」を押し続けます
    3. Apple ロゴ、回転する地球儀、その他の起動画面が表示されたら、キーを放します
    4. Mac の管理者のログインパスワード、Apple ID のパスワード、またはファームウェアパスワードの入力を求められる場合があります。その場合は、要求されたパスワードを入力します
    5. ユーティリティのウインドウが表示されたら、macOS 復元から起動済みです
    6. 「macOSを再インストール」を選択し「続ける」をクリックしてインストールします

(Via macReports.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)