Apple、一時的にmacOS Catalina でのMacソフトウェアの公証要件を緩和

Apple、一時的にmacOS Catalina でのMacソフトウェアの公証要件を緩和

Macソフトウェアの公証

Appleは本日、macOS Catalina でのMacソフトウェアの公証要件を緩和したことを発表しています

Mac App Store以外で配布されるMacソフトウェアは、macOS Catalinaで実行するためにAppleによって公証される必要があります

この移行を簡単にし、古いバージョンのソフトウェアを引き続き使用するmacOS Catalinaのユーザーを保護するために、公証の前提条件を2020年1月まで調整しました

Macソフトウェアを公証できる要件

  • Hardened Runtime機能が有効になっていない
  • 開発者IDで署名されていないコンポーネントがある
  • コード署名署名に安全なタイムスタンプが含まれていない
  • 古いSDKで構築されている
  • trueのバリエーションに設定された値を持つcom.apple.security.get-task-allowエンタイトルメントが含まれる

ただし、Appleは、わずか4か月先の2020年1月まで完全施行を遅らせることを約束しただけです











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)