Apple、macOS Big Surでソフトウェアアップデートのインストールを高速化することを約束

Apple、macOS Big Surでソフトウェアアップデートのインストールを高速化することを約束

Appleは、インターフェイスを一新し、ウィジェットやコントロールセンターなどの新機能を搭載した「macOS Big Sur」を発表しました

このアップデートでは、ソフトウェアアップデートをバックグラウンドでより速くインストールできるシステムなど、WWDC 2020のステージでは語られなかった重要な変更点ももたらされています

アップデートのインストール作業中は、ユーザーは現在のところMacを使用することができず、アップデートによっては最大で1時間かかることもあります

準備とインストール作業はどちらも起動時に行われるため、アップデートが完了するまでシステムにアクセスできない状態が続きます

Appleのウェブサイトのメモによると、macOS Big Surはプロセスの一部をバックグラウンドで実行することで、ソフトウェアアップデートプロセスを高速化しています

スポンサーリンク


Appleはアップデートがどのようにインストールされるのか詳細を明らかにしていませんが、現在のプロセスはiOSと似ており、システムが再起動する前にアップデートと必要なファイルを準備していると推測されます

その結果、ユーザーはすべてを起動して実行できるようにするためのブートプロセスの間に、より少ない時間を待たなければならなくなります

macOS Big Surは、悪意のある改ざんからシステムを保護する暗号署名されたシステムボリュームを導入しています、また、Macはシステムボリュームの正確なレイアウトを知っているので、作業中にバックグラウンドでソフトウェアアップデートを開始することができます

macOS 11.0 Big Surは現在ベータ版として開発者のみ利用可能で、最初のパブリックベータは今月下旬にリリースされる予定です

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)