1Password、2023年初頭からパスキーに対応予定

1Password、2023年初頭からパスキーに対応予定

人気のパスワード管理サービスの1Passwordは、2023年初めにパスキーのサポートを開始し、サポートされているWebサイトやアプリにパスワードなしでログインできるようにすることを発表しています

2022 11 18 08 52 41

代わりに、信頼できるデバイスでの生体認証が本人確認に使用され、パスワードを削除することは、パスワードの侵害やフィッシングを防ぐことを意味します

AppleはiOS 16、iPadOS 16、tvOS 16、macOS Venturaでパスキーのサポートを開始し、使いやすさと冗長性のためにデバイス間で同期するためにiCloudキーチェーンを使用しました

Appleは、パスキーの相互運用性を確保するために、AppleやMicrosoftを含むFIDOアライアンスのメンバーと協力してきており、Googleによるパスキーの実装では、iPhoneを使用してQRコードをスキャンして認証することで、Apple以外のデバイスと連携できるようになります

スポンサーリンク


1Passwordのパスキーは、QRコードスキャンのような回避策に頼らずとも、1Passwordができるあらゆる場所で機能するため、1Passwordによるパスキーの実装はAppleのような単一エコシステムのものよりも優れていると主張しています

1Passwordのユーザーがパスキーの動作を確認したい場合は、同社のウェブサイトで1PasswordのアカウントとChromeまたはEdge用の1Password拡張機能の最新バージョンを必要とするデモを用意しています、SafariとFirefoxのサポートはまだ展開されていません

1Passwordは、Google、Microsoft、Twitter、eBay、Best Buy、GitHubなど、すでにパスキーのサポートを開始しているWebサイトやアプリのディレクトリも管理できます

1Passwordによると、2023年初頭にはブラウザ拡張機能とデスクトップアプリでパスキーを完全にサポートする予定で、モバイル対応はその後になるとのことです

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)