Apple Watchは別の生命を脅かす心臓疾患の発見に役立つ可能性があることがメイヨー・クリニックの研究で明らかに

Apple Watchは別の生命を脅かす心臓疾患の発見に役立つ可能性があることがメイヨー・クリニックの研究で明らかに

世界中の医学研究者が、Apple Watchが人々の命を救う新たな方法を発見し続けています

Mayo Clinicの研究者らによる新たな研究では、左心室機能障害などの心臓の異常を検出することに焦点を当てて、Apple Watchの心電図機能をより詳細に調査しています

MyHealthyAppleが最初に報告したように、左室機能障害の後にうっ血性心不全が起こることが多いことを考えると、これは重要な研究です

心臓の左室機能不全は通常、多数の心疾患を引き起こす可能性のあるうっ血性心不全を伴います

左心室は、主に体の重要な臓器に酸素を送り込む役割を担っています、したがって、左心室に問題がある場合は、できるだけ早く診断することが重要となります

Mayo Clinicの研究では、心機能障害は無症候性であるため診断されないことが多く、心機能障害がある人は心機能障害があることを知らないと説明しています

Apple Watchのようなものが受動的に検知したり、診断に役立てることができれば、大きなブレークスルーとなるでしょう

スポンサーリンク


この研究には、米国とその他11カ国の2,454人の患者さんが参加しました、これらの参加者は、2021年8月から2022年2月の間に、Apple Watchから125,000以上の心電図を送信しました

これらの結果は、研究者が開発した独自のAIアルゴリズムを介してスクラブ処理されました

MyHealthyAppleが説明しているように、この研究結果は 「非臨床環境で取得した消費者向けの腕時計型心電図は、心機能障害患者を特定できる」 ことを示しています、また同調査では、 「遠隔地でのデジタル健康調査の実施を支援するスマートウォッチの可能性は、まだ初期段階にある」 と推測しています

この研究結果と発見の全容はNature Medicine誌に今週掲載されました、Mayo Clinicで使用されている独自のAIアルゴリズムは、現在FDAによってレビューされています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)