Apple、XProtectおよびXProtectRemediatorセキュリティソフトウェアのアップデートを11月10日(現地時間)にサイレントアップデート

Apple、XProtectおよびXProtectRemediatorセキュリティソフトウェアのアップデートを11月10日(現地時間)にサイレントアップデート

Appleは2022年11月10日(現地時間)、Catalina 以降を実行している Mac 用の XProtect Remediator セキュリティ ソフトウェアに隔週の定期アップデートをプッシュし、バージョン 84 にしました、それに伴い、XProtect のデータがバージョン 2165 にアップデートされます

XProtect 1111 002
Apple は、このアップデートで追加または変更された内容に関する情報を公開しておらず、内部コード名を使用して両方のアプリで検出されたマルウェアの識別情報を難読化しています

XProtect Remediator は新しい実行可能コード モジュールを追加しませんが、最も興味深いことに、XProtect はマルウェア コード名 snowdrift の新しい検出シグネチャを追加します

これは、XProtect Remediator のモジュールの 1 つの名前として既に使用されています、これは、これが表すマルウェアが何であれ、macOS のすべての更新バージョンで検出され、Catalina 以降を実行しているバージョンで修正されることを意味します

スポンサーリンク

確認方法

このアップデートがインストールされているかどうかを確認するには、[マーク]>[システム設定]>[一般]から[システムレポート…]ボタンをクリックし、[ソフトウェア]の下の[インストール]項目を選択します

表示されれば、ソートを「インストール日」の新しい順にすると「XProtectPlistConfigDat」のバージョンが2165になっていればアップデートされています

XProtect 1111 003
自動でインストールされるには[システム設定]>[一般]>[ソフトウェアアップデート]で[自動アップデート]横の[i]ボタンをクリックし[セキュリティ対応とシステムファイルをインストール」が有効になっている必要があります

XProtect 1028 004

スポンサーリンク

「サイレント」セキュリティ更新プログラムをインストールする方法

Eclectic Light Companyがリリースしているアプリ「SilentKnight」を利用します

2022 11 11 08 48 45 
SilentKnightは、Mac が最新かどうかを自動的に確認します

ファームウェア、セキュリティ設定、データファイルのほか、macOSのマルウェアスキャンもチェックできます

SilentKnight 00001 z

Catalina から Venturaをサポートする最新の「SilentKnightバージョン 2.3」は、ここから入手できます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)