Apple、MacとiOSデバイスの同期アップデートをソフトウェアアップデートで公開

Apple、MacとiOSデバイスの同期アップデートをソフトウェアアップデートで公開

日本時間9月30日、Appleは、macOS Big Surを搭載したMacに対して、”Device Support Update “と呼ばれる珍しいスタンドアローンのソフトウェア・アップデートをリリースしました

これは、Macを使用しているiOSおよびiPadOSデバイスの適切なアップデートと復元を保証するためのものだそうです

その他の詳細は記載されていませんでしたが、このアップデートにより、iPhone 13モデル、新しいiPad mini、第9世代iPadなど、最近発売されたデバイスへの対応が追加されたものと推測されます

しかし、今回のアップデートは、「システム環境設定」>「ソフトウェア・アップデート」を通じて行われる初めてのものであり、一部のユーザーは気になっていました

スポンサーリンク


通常、iPhone、iPad、iPod touchをMacに接続すると、MobileDeviceUpdaterというアプリから、iOSデバイスに「接続するにはソフトウェアのアップデートが必要です」というダイアログがポップアップします

これは通常、デバイスが独自にアップデートされ、Macが認識できない新しいバージョンのiOSまたはiPadOSに更新された場合に起こり、Macがデバイスと通信するためにダウンロードが必要であることを示しています

今回、AppleはMobileDeviceUpdaterへの依存度を減らすために、これらのダウンロードの準備が整った時点でSoftware Updateを介して自動的に配信することを選択したようです

これにより、ユーザーはiOSデバイスを接続するまで、「Device Support Update」と呼ばれるアップデートを待つ必要がなくなりました

この変更は、デバイスを接続した際に表示されるMobileDeviceUpdaterダイアログの頻度を減らすための努力であると思われますが、これはある種のマルウェアであると考えるユーザーもいるかもしれません

この変更を確認したのは、TidbitsのAdam Engst氏です、これは画期的な発見ではありませんが、今後のDevice Support UpdateをSoftware Updateからインストールする際に何が起こるかを知っておくことは良いことです

再起動は必要なく、ユーザーがアップデートをインストールしていない場合は、次にデバイスを接続した時にMobileDeviceUpdateダイアログが表示されます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)