Appleの過去最大の販売四半期、デバイス不足に脅かされる

Appleの過去最大の販売四半期、デバイス不足に脅かされる

BloombergのMark Gurman氏によると、Appleのデバイス不足は、記録的なホリデーシーズンを台無しにする可能性があります

Appleが9月にiPhone 13を発表してから間もなく、すべてのモデルの出荷予定が数週間単位でずれ始めました

この傾向は、iPad mini、第9世代iPad、Apple Watch Series 7、そして最近では、Appleの新しいMacBook Proモデルにも見られ、いずれも納期が11月から12月にかけてとなっています

また、好評を博している1,980円のポリッシングクロスも、11 – 12週間待ちとなっています

Appleの新製品の出荷遅延は新しい現象ではありませんが、iPhone 11、iPhone 12、M1 Macモデル、24インチiMac、Apple Watchのラインナップ全体など、比較的古いApple製品のいくつかは、9月前半から出荷時期が遅れていました

スポンサーリンク


しかし、Appleが過去最大級の製品アップグレードサイクルを迎えるはずの年に、サプライヤーは、たまった需要に追いつくことができません

レポートでは、Broadcom社やTexas Instruments社のチップなど、Appleが特に入手困難としている特定の部品が取り上げられています、AppleのCEOであるテTim Cookは、第3四半期の決算発表の際に、ここ数カ月間業界を悩ませているチップ不足が今年のiPhoneの出荷に影響を与えると警告しました

iPhone 13の制約について言及しましたが、この不足は他の製品ラインにも及んでいるようで、Appleは12月末までに需給の不均衡を是正する時間的余裕がありますが、Gurman氏のレポートによると、古い製品の出荷の遅れは厄介な兆候であると指摘しています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)