Apple、IntelベースモデルよりM1 Macの販売台数が多いとTim Cookが語る

Apple、IntelベースモデルよりM1 Macの販売台数が多いとTim Cookが語る

Appleの最高経営責任者であるTim Cook氏によると、M1を搭載した「MacBook Air」「MacBook Pro」「Mac mini」は、11月に発売されたばかりですが、現在ではMacの販売台数の大半を占めており、Intelプロセッサを搭載したMacを上回っていると言います

Cook氏は5月20日に開催されたAppleの「Spring Loaded」イベントでこのように述べました

イベントでは、M1チップを搭載し、完全に再設計された24インチのiMacが発表されました、Cook氏は、M1とApple Siliconは「単なるアップグレードではなく画期的なものです」と述べ、Macの顧客満足度は業界をリードしていると述べました

Appleは、2020年のWWDCで、Macの全ラインナップを対象に、インテルから脱却して独自のシリコンへの2年間にわたる移行に乗り出すことを発表しました

昨日、Apple初のApple Silicon iMacが発売されたことで、Appleは現在、Apple Siliconを搭載した4台のMacコンピュータを販売しています、これらに加えて、Appleは16インチと13インチのMacBook Pro、21.5インチと27インチのiMac、そしてハイエンドのMac Proを販売し続けており、これらはすべてIntel製プロセッサを搭載しています

スポンサーリンク


Cook氏によると、M1を搭載する4台のMacの販売台数は、Intelを搭載する残りの5台を上回ると言います

基調講演中、Cook氏の発言はほとんど注目されなかったが、4月28日に開催されるAppleの次期業績発表で同氏が強調する重要なポイントになる可能性が高いと思えます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)