Appleはなぜ昨日、32インチiMacを発表しなかったのだろうか?

Appleはなぜ昨日、32インチiMacを発表しなかったのだろうか?

噂では、24インチのエントリーモデルと32インチのハイエンドバージョンの2つの新しいiMacが登場するということでした

昨日のスペシャルイベントで、Appleは新しい24インチのiMacを披露しましたが、それと一緒に登場するはずだった大型モデルについては聞きませんでした

ただし、32インチiMacは今後数カ月以内に登場すると予想されており、この2段階の発売を正当化する十分な理由があります

24インチiMacは、昨年秋に発売された「Apple Silicon Mac」と同じ、自社製の「Apple M1」チップを搭載しています、実際、Appleの新しいオールインワンは、数か月前に発売されたMac miniやMacBook Air、MacBook Proと非常によく似たコンピューターです

Why didn t 32inch iMac 0000

似ているのは、プロセッサ、グラフィックチップ、RAMなど、コンピュータが正常に機能するために必要なすべてのコンポーネントを統合したシステムオンチップの名前だけではありません

スポンサーリンク


これらの部品をすべて組み込んだマザーボードも、まるでMacBook Pro M1から出てきたようなデザインで、目立たないように冷却するための小さなファンが側面に2つ付いています

AppleはこのiMacのために車輪の再発明をしようとはしませんでした、これを要約すると、24インチのスラブの上にMacBook Proのマザーボードを載せたということになります、それよりも少し複雑ですが、すべてのMac M1がいかに似ているかということが重要です

Why didn t 32inch iMac 00004
秋に発売されたものと同様に、新しい24インチのiMacにも技術的な制限があります、せいぜい16GBのRAMと2TBのストレージ、最大でも2つのディスプレイ (内部スクリーンと外部ディスプレイ) を管理でき、Thunderboltの出力は2つしかありません

この最後の点から、新しいコンピュータがUSB-Cソケットを4つ(エントリーレベルを除く)装備しているのに、Thunderboltが2つしかない理由を理解することができます、これは、Apple M1の限界なのです

Why didn t 32inch iMac 00003

そして、昨日24インチiMacだけが発表された理由もここにあります

AppleはこのモデルをベースのiMacにすることを選びました、iPhone 12がベースのiPhoneであり、大多数のユーザーのニーズに合うはずだからです

スポンサーリンク


噂の32インチモデルは「iMac Pro」と名付けられるかもしれませんが、物理的に大きくなるだけではなく、より多くのRAMをサポートし、より多くのポートを提供し、より多くの外部ディスプレイを処理する、より強力で完全なコンピュータが期待できます
スポンサーリンク


大きなiPad Proのように、大きなiMacではスクリーンも変わるでしょう、Appleは、6Kパネルを採用して全体的に同じピクセル密度を維持すべきですが、Pro Display XDRや大型タブレットで採用されたmini LEDテクノロジーの進歩をスクリーンに取り入れることができるかもしれません

そうすれば、2つのモデルをより明確に区別することができます、ただし、Appleがプロ専用のスクリーンを共食いしないようにするとしても、2つのモデルをよりよく区別する良い方法になるでしょう

これらの理由から、32インチiMacはApple M1ではなく、Appleの次のチップ、またはそのより強力なバリエーションの恩恵を受けることになるでしょう、それがApple M2であれApple M1Xであれ、結論は同じで、このバリエーションはまだ発売されておらず、数ヶ月はないはずです

Appleはこの新しいシステムオンチップを秋にリリースすることを目標にしていると考えられており、これは次期16インチのApple Silicon MacBook Proにも採用されるはずです

(Via MacGeneration.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)