所有者から3日間以上離れているAirTagは、移動するとオーディオが再生される

所有者から3日間以上離れているAirTagは、移動するとオーディオが再生される

Appleのアイテムトラッカー「AirTag」は、鍵、財布、バックパック、荷物などを追跡することができます。AirTagが持ち主と離れてBluetoothの範囲外になった場合、U1 Widebandチップのおかげで「Find My network」が追跡をサポートします

Appleによると、登録した人と長時間一緒にいないAirTagは、移動すると音が鳴り、iOSデバイスがなくても近くにいる人に知らせ、見つけることができるようになります

AirTag find

Appleの資料では、「長時間」の定義が詳しく説明されていないため、Daring FireballのJohn Gruber氏は、Appleの情報筋に、より正確な定義を尋ねました、その結果、タイムアウトの期間は現在3日間ですが、将来的には変更される可能性があることをほのめかしました

スポンサーリンク

今日、この件についてAppleの人と話しました。AirTagが持ち主から離れたときに音を鳴らすまでのタイムアウト期間は現在3日間ですが、これはAirTag自体に組み込まれているわけではありません。これは「ネットワークを探す」のサーバー側の設定なので、実際に使用してみて3日では長すぎる、あるいは短すぎると判断された場合には、Appleが調整することができます

AirTagの音を聞いた人がAirTagを見つけた場合、iPhoneやAndroid携帯などのNFC搭載機器を使って、持ち主が紛失したとマークしているかどうかを確認し、返却の手助けをすることができます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)