Mac向けの無料の仮想オーディオドライバ「GroundControl」、Soundflowerの代替サービスがリリース

Mac向けの無料の仮想オーディオドライバ「GroundControl」、Soundflowerの代替サービスがリリース

Macユーザー向けに、アプリケーション間でオーディオストリームをやりとりできる無料の仮想オーディオドライバ「GroundControl」がリリースされました

このオーディオドライバは、2、16、64チャンネルの3種類があります

GroundControl 00002

GroundControlプロジェクトは、Appleの現行のM 1プロセッサをサポートし、macOS Big Surで動作し、192 kHzまでレイテンシなしで動作すると約束しています

Coreaudioドライバとミニアプリ

GroundControlは2つのコンポーネントで構成されています

Macにインストールされ、「アプリケーション」>「ユーティリティ」ディレクトリにある「Audio MIDI 設定」システムアプリケーションを使用して設定できるGroundControl Coreaudioドライバ

また、オーディオドライバのグラフィカルユーザーインターフェイスを提供し、モニタ出力に影響を与えることができるGroundControl Cubeコントロールセンターからもアクセスできます

スポンサーリンク


GroundControlは、Soundflower、VB-Cable、BlackHoleなどの同様のソフトウェアソリューションに相当し、macOS 10.9 Mavericksからインストールできます

このアプリケーションは無料でダウンロードして使用することができるが、Ginger Audioの開発者は、ダウンロードするために社内ニュースレターの購読または電子メールアドレスを必要とします
GroundControl 00003
GroundControlのようなソフトウェアソリューションは、ストリーマー、OBSユーザー、ビデオ会議や画面録画中に必要です、オーディオドライバを使用すると、選択したアプリケーションのサウンド出力を入力信号として他のアプリケーションに渡すことができます

専門的な代替手段としてのループバック

この分野では、Rogue Amoebaが提供しているMacアプリケーションLoopbackが有力な候補です

Loopbackを使用すると、ほぼすべての複雑なオーディオルーティング設定を構築できます、ただし、ループバックには料金がかかります、シングルユーザーライセンスの現在の価格は118ドルです

GroundControl 00004

(Via ifun.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)