iMovie for Macの最新バージョンで見慣れないものが表示されるかもしれない

iMovie for Macの最新バージョンで見慣れないものが表示されるかもしれない

The Eclectic Light Companyによると

App Storeで最近iMovieをバージョン10.2.3にアップデートした人は、「システム環境設定」の「プロファイル」パネルで何か変なことに気づいたかもしれません
IMovie Profile 00002
プロファイルがインストールされていない場合、このペインは表示されませんが、このペインが表示され、iMovieの最新バージョンのプロビジョニングプロファイルが含まれている可能性があります

iMovieアプリ自体の内部を見てみると、通常はアプリにはないembedded.provisionprofileという名前のファイルがあることに気付くでしょう
IMovie Profile 00003
QuickLookのサムネイルには、そのバージョンのiMovieに関する権利やその他の情報の長いリストが表示されます

スポンサーリンク


もちろん、プロファイルや漂遊ファイルはそこにあるべきではありません、これらは通常、開発者とApp Storeの公開プロセスの間で使用され、アプリが一般に公開される前に削除される必要があります、セキュリティなどの問題はなく、iMovieも問題なく動くはずです

これを整理するには、「プロファイル」ペインの左側でプロファイルを選択し、その下にある–ツールで「-」をクリックしてプロファイルを削除できます

その場合、アプリが実行できなくなる可能性があることを警告され(実行されない)、削除を認証する必要があります

プロファイルはアプリ内に残りますが、ペインから消えるはずです、他のプロファイルがインストールされていなければ、再びペイン全体が消えます

私の場合、5K 27インチ iMac 2017ではこのプロファイルが表示されましたが、M1 MacBook Proでは表示されませんでした











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)