13インチMacBook Pro、再設計したiMacが最初のARMベースのMacとなり、2020年後半または2021年初頭に発売される

13インチMacBook Pro、再設計したiMacが最初のARMベースのMacとなり、2020年後半または2021年初頭に発売される

Bloombergが、Appleが明日のWWDCでARM Macへの移行を発表するとの報道を受けて、アナリストのMing-Chi Kuo氏が、ARM Macのラインナップに関する最新の予測を報告しています

Kuo氏は、AppleがWWDCで最初のARMプロセッサを発表し、ARM CPUを搭載した最初のMacモデルは、次世代の13.3インチMacBook Proと再設計された新しいiMacになると考えています

Kuo氏は、まったく新しいデザインのiMacが間もなく発売されることを確認しており、これがIntel CPUを搭載したApple最後の新しいMacになるようです

Kuo氏によると、Appleは2020年第4四半期/2021年第1四半期から、Appleのシリコンを搭載した13.3インチのMacBook Proをリリースして、ARMへの移行を開始するとのことで、24インチのディスプレイを搭載し、ベゼルを細くしたiMacも、同様の時期にARMへの移行が予定されています


スポンサーリンク


Kuo氏は、Macのモデルは、Intelの前身モデルと比べて50~100%の性能向上を実現すると予想しています、Kuo氏が提案している移行のタイムラインはアグレッシブで、他のいくつかのレポートよりも早いものとなっています

2021年からすべての新しいMacにAppleのプロセッサが搭載されるというKuo氏の大胆な主張からすると、秋に既存モデルへのスペックアップの可能性を除けば、最後の新しいIntel製マシンとして再設計されたiMacが登場するだけの余地があるということになります

Bloombergは以前、Apple初のARMマシンが2021年に登場し、12コアのプロセッサを搭載すると報じています

Happy Hourポッドキャストの最近のエピソードでは、Mark Gurman氏がこの製品の晩春から夏の発売予定をほのめかしています、Appleは明日のWWDCで具体的なハードウェアを発表するとは思われてなく、チップの移行が始まっているという事実だけが伝えられています

Kuo氏によると、Intelの13.3インチMacBook ProはARMベースの新モデルが発表された時点で製造中止になるとのことです、Intel iMacの運命は明らかにされていいません

以前の噂によると、AppleはWWDCで新しいiMacを発表し、Pro Display XDR、Apple T2チップ、AMD Navi GPUを思わせる細いベゼルの新しい工業デザインを採用するといわれています

スポンサーリンク


Kuo氏によると、新しいIntel iMacは第3四半期(7月、8月、9月)にリリースされる予定で、ARM版は2021年第1四半期前後にリリースされる予定だといいます、このレポートでMacBook Air、Mac mini、iMac Pro、Mac Proの将来については触れられていません

さらに先を見据えると、Kuo氏は、来年半ばにはまったく新しいフォームファクターのMacBookが生産されると予想しています、これは以前噂されていた12インチのARM MacBookかもしれません

Kuo氏はMacBookシリーズの需要予測について楽観的で「AppleのARMチップへの移行は、性能とバッテリ寿命において競争上の優位性を提供し、Mini LEDディスプレイへの段階的な移行はさらなる需要を促進するだろう」と述べています、Kuo氏は、Mini LEDディスプレイを搭載した最初のMacBookが2021年前半に発売されると考えています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)