5.4インチ、6.1インチ、5.7インチサイズのiPhone 12のダミーモデルが流出

5.4インチ、6.1インチ、5.7インチサイズのiPhone 12のダミーモデルが流出

信頼性の高いリーカーSonny Dickson (@SonnyDickson) が次期iPhone 12の全サイズのダミーモデルをリークしました

ダミーモデルはiPad Proのような、縁が平らで角が丸いシャシーを使っています、iPhoneの側面はステンレススチールで、SIMカードトレイはiPhoneの右側から6.7インチモデルの左側のボリュームスイッチの下に移動しています


スポンサーリンク


また、6.7インチiPhone 12 Pro Maxの左側に磁気コネクタらしいものがあるが、これが何のためのものなのかは不明です

この数ヵ月間にさまざまなリークがあり、今回が初めてではありません、多くの人がこのコネクタはiPhone用のApple Pencil用だと思っていますが、5G対応の内部コンポーネントだと思っている人もいます

興味深いのは、リーク写真の各モデルには3台のカメラが搭載されています、これまでのリーク情報では、トリプルカメラアレイが搭載されるのはProモデル(iPhone 12 ProおよびPro Max)のみで、iPhone 11に似た2つのカメラアレイが搭載されるのは5.4インチと6.1インチ (Pro以外) のモデルだけだと言われていましたが、今回のリーク情報では、これとは対照的に、5.4インチを含む全モデルにトリプルカメラアレイが搭載されることを示しています

スポンサーリンク


これらのダミーモデルのもう1つの興味深い点は、いずれのモデルにも、今年のiPhoneに搭載されると予想されていたうわさのLiDARセンサーの切り欠きがないことです

多くのリーク情報によると、LiDARセンサーは背面カメラハウジングの真ん中のレンズの上にあるのではないかと推測されていましたが、今回のリークではその代わりにQuad LEDフラッシュユニットを示しています

Dickson氏によると、これらのモデルは最終的なものではなく、ノッチとカメラレイアウトも最終的なものではないため、AppleがLiDARセンサの位置を確定していない可能性があると言います

それにもかかわらず、今年のiPhoneがフラットなエッジと丸みを帯びた角を持つ新しいデザインになることはほぼ確実です、今年のiPhoneモデルはもっと小さくなるのではないかと多くの人が考えていますが、これは多くのリーカーからは異論が出ています

(Via Appleinformed.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)