【Mac】Apertureの写真ライブラリをAdobe Lightroomに移行できる「Avalanche」がリリース

【Mac】Apertureの写真ライブラリをAdobe Lightroomに移行できる「Avalanche」がリリース

Avalanche

フランスのCYMEチームは、機械学習機能を備えたmacOS用の新しい写真移行ソフトウェアである「Avalanche 1.0」をリリースしています

Avalancheは、組織構造を損なわずに写真のカタログをあるアプリケーションから別のアプリケーションに変換するように設計されており、すべてのメタデータが損失や画像調整なしで複製され、最良の結果が得られます

Avalanche 00004 z

Avalanche for Lightroomは、AppleでサポートされなくなったApple Apertureに写真が残っている写真家向けのソリューションの提供に重点を置いています

macOS Catalina のリリース以降、Apertureユーザーは、写真ライブラリにアクセスするためにApertureの起動に依存することができなくなりました

Avalancheを使用すると、ライブラリを他のアプリケーションにスムーズに転送できます、現在は Lightroom またはフォルダーに移行でき、まもなくLuminar、 CaptureOneなどの他のアプリケーションの移行もできるようになります

スポンサーリンク

AIを搭載

Avalanche 00002 z
Avalancheは、Machine Learningを使用して、写真に対して行った編集を自動的に調整して、移行後に写真がまったく同じように見えるようにします
写真に加えたすべての調整にAIが必要なわけではありません、ジオメトリ調整(直線化、切り抜き)などの一部は、非常に正確に実行されます
Avalancheは、ホワイトバランス、露出と光、色と色合い、ハイライトとシャドウにAIを使用しています
Avalanche 00001 z

主な機能

  • すべての接続されたボリューム上のすべてのカタログを簡単に見つけるためのブラウザインターフェース
  • 変換対象のコンテンツに関する詳細情報と詳細な進捗監視を備えたユーザーフレンドリーな変換画面
  • 詳細なレポート画面とCSVファイル形式の変換ログにより、発生したエラー(ファイルの欠落、データベースの破損、等)
  • Aperture MastersとVersionsのコピーは、Lightroomで完全にマスターと仮想コピーに変換されます
  • ビデオとビデオのバージョンは、Lightroomで完全にマスタービデオと仮想コピーに変換されます
  • アルバム:シンプルなアルバムはターゲットカタログで再作成されます。スマートアルバムは変換されません
  • 顔の定義と顔検出はLightroomで完全に変換されます
  • すべてのカスタム注釈、フラグ、評価、色ラベルは変換されます
  • キーワードは階層を完全にサポートして変換されます
  • すべてのIPTCおよびEXIFメタデータがサポートされています。Avalancheは、マスターファイルからEXIFデータを収集して、ターゲットカタログを充実させます
  • プロジェクト、フォルダー、スタックはLightroomで再作成されます
  • AIによる調整:WBの温度と色合い、露出、コントラスト、鮮やかさ、彩度、白黒レベル、ハイライトとシャドウは機械学習(ML)を使用して変換されます
  • 曲線は変換されます
  • 白黒に変換された画像は適切に移行され、MLを使用して、色空間から白黒への適切なカラーミックスを推測します
  • 参照ファイル、ビデオなどの処理方法を決定できる変換オプション
  • コピーされたマスターファイルのフォルダー階層の選択

スポンサーリンク

Avalancheは、オフィシャルサイトより試用版(macOS Mojave以降が必要)を利用できます

  • Avalanche for Lightroom:59€(約 7,200円)
  • Avalanche for CaptureOneは、Aperture、Lightroom、またはLuminarカタログをCaptureOneに変換する:49€(予約受付中)
  • 「Avalanche for Luminarは、Aperture、Lightroom、またはCaptureOneカタログをLuminarに変換:49€(予約受付中)
  • Avalanche Unlimited、サポートされているすべての形式間でカタログを転送:99€(予約受付中)










LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)