【Mac】Apple、「XProtect」と「MRT」を2019年10月1日(現地時間)にサイレントアップデート

【Mac】Apple、「XProtect」と「MRT」を2019年10月1日(現地時間)にサイレントアップデート

Appleは本日、「XProtect」と「MRT」をサイレントアップデートしています

XProtectの「XProtectPlistConfigData」は、2019年10月1日にバージョン 2104から 2106に、マルウェア削除ツールMRTの「MRTConfigData」は、2019年10月1日にバージョン 1.49から 1.50にアップデートしています

XProtectバージョン 2105はリリースされませんでしたが、macOS Catalina Betaリリースに含まれていました

Appleは、これらのアップデートが追加または変更する内容に関する情報をリリースしません

XProtectデータファイルを見ると、「Yara」署名ファイルに変更はないようです、これは驚くべきことですが、XProtect.meta.plistの拡張ブラックリストに約100個の識別子が追加されています、これらの重要性は現時点では明らかではありません

スポンサーリンク

確認方法

このアップデートがインストールされているかどうかを確認するには、「マーク」>「このMacについて」から「システム情報」を開き、「ソフトウェア」の下の「インストール」項目を選択します

表示されれば、ソートを「インストール日」の新しい順にすると「MRTConfigDate」のバージョンが1.50、に「XProtectPlistConfigDat」のバージョンが2106になっていればアップデートされています

MRT 1 50 00002 z

自動でインストールされるには「システム環境設定」>「ソフトウェアアップデート」で「詳細…」ボタンをクリックし「システムデータファイルとセキュリティアップデートをインストール」にチェックが入って有効になっている必要があります

MRTConfigDate20190711 00003 z

スポンサーリンク

「サイレント」セキュリティ更新プログラムをインストールする方法

Eclectic Light Companyがリリースしているアプリ「EFIcienC」を利用します

EFIcienC 00001 z

アプリを開くと、自動的に次のことが行われます

  • 実行中の Mac モデルと macOS のリリースを確認します
  • そのモデルの最新の EFI ファームウェア バージョンを検索し、その Macのファームウェアと比較します
  • Mac がまだ古いバージョンの macOS (El Capitan に戻る) を実行していて、新しい EFI バージョン番号付けシステムに更新されていない場合は、バージョンを報告するだけです
  • Mac が新しいナンバリングシステムを実行している場合は、EFI ファームウェアが古いかどうかを報告します。それらのMacがCatalinaのなどのプレリリースソフトウェアを実行することを可能にします、それらのより最近のファームウェアのバージョンに問題はありません。
  • XProtect、Gatekeeper、MRT、KEXTブロッカー、TCCなどのセキュリティデータのバージョンをチェックし、実行すべき内容の一覧と比較し、異なる場合は警告が出されます
  • SIP がオフになっているかどうか、FileVault がアクティブかどうかなどの基本的なセキュリティシステムをチェックします
  • システムまたはセキュリティソフトウェアの更新プログラムがあるかどうかを自動的にチェックします
  • 利用可能な更新プログラムがある場合は、「Install all updates」ボタンをクリックしてダウンロードしてインストールできるため、Macを最新の状態に保つことができます

MRT 1 50 00003 z

最新の「EFIcienCバージョン1.0b2」は、ここから入手できます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)