Apple、次のiOS 13.2 betaでiPhone 11およびiPhone 11 Pro用のDeep Fusionを追加

Apple、次のiOS 13.2 betaでiPhone 11およびiPhone 11 Pro用のDeep Fusionを追加

Deep Fusion

Appleは、次のBeta版となるiOS 13.2 Developer betaでは、iPhone 11およびiPhone 11 Pro/Pro Max発表時に話した”Deep Fusion”を追加すると、The Vergeが報告しています

Deep Fusionとは?

Deep Fusion 00001 z

Deep Fusionは屋内および中程度の明るさの状況で大きな一歩を踏み出すことを目的としています

Deep Fusionを使用すると、iPhone 11および11 Proのカメラには、光のレベルと使用しているレンズに基づいて自動的に作動する3つの動作モードがあります

  • 標準の広角レンズは、明るい中程度の光のシーンにAppleの強化されたSmart HDRを使用し、中程度の光から暗い光にDeep Fusionを開始し、暗いシーンに夜間モードをオンにします。
  • 望遠レンズは主にDeep Fusionを使用し、Smart HDRは非常に明るいシーンにのみ、Nightモードは非常に暗いシーンに引き継ぎます。
  • 超広角レンズは、Deep Fusionモードまたはナイトモードのいずれもサポートしていないため、常にSmart HDRを使用します

画面上にインジケーターを持ち、オフにすることができるナイトモードとは異なり、Deep Fusionはユーザーには完全に見えません

カメラ アプリやフォト ロールにはインジケーターがなく、EXIF データには表示しません

Appleは、人々が最高の写真を取得する方法を考えてほしくないので、それは非常に意図的であると言います

スポンサーリンク

Deep Fusionの基本的な内訳

  1. シャッターボタンを押すまでに、カメラはすでに高速シャッタースピードで4フレームを取得し、ショットの動きを固定し、4つの標準フレームを固定しています。シャッターを押すと、1枚の長時間露光ショットを取り込んでディテールを捉えます
  2. これらの3つの通常のショットと長時間露光ショットは、Appleが「合成ロング」と呼ぶものにマージされます。これはSmart HDRとの大きな違いです
  3. Deep Fusionは、最も詳細な短露光画像を選択し、合成長時間露光とマージします。Smart HDR とは異なり、Deep Fusion はこれら 2 つのフレームをマージしますが、合成ロングは既に 4 つのマージ済みフレームで構成されています。すべてのコンポーネント フレームは、Smart HDR とは異なるノイズに対しても処理され、Deep Fusion に適しています
  4. 画像は、ピクセル単位の 4 つの詳細処理ステップを実行し、それぞれ詳細の量を増やすために調整されます。これにより、2 つのイメージをブレンドする方法に関する一連の重み付けが生成されます
  5. 最終的なイメージが生成されます

これには、通常のSmart HDR画像よりも1ティック長い時間がかかります、したがって、大量のショットを撮ってすぐにカメラロールにジャンプすると、まずDeep Fusionがバックグラウンドで実行されている間にプロキシ画像が表示されます、さらに詳細なバージョンに表示されます

Appleはカメラロールへの切り替えまでに、1/4〜0.5秒以上かかることはないと、言います

しかし、これはすべて、Deep Fusionがバーストモードで動作しないことを意味します

Deep Fusion 00002 z

これらの新しいモードはすべて、カメラが複数の露出を取得してそれらをマージする必要があるため、iOS 13のカメラアプリ全体でバーストモード自体が強調されていないことがわかります

しかし、Deep Fusionが実際にどのように機能するかは、開発者ベータ版を使用してユーザーが実際に理解する必要があります

Appleの主張と同じくらい印象的であれば、iPhone 11カメラは現在の競争よりもさらに飛躍します











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)