【Mac】人気のブログエディタ「MarsEdit」の新たにリリースされたWordPress 5.0新エディタ「Gutenberg」の対応状況

【Mac】人気のブログエディタ「MarsEdit」の新たにリリースされたWordPress 5.0新エディタ「Gutenberg」の対応状況

12月6日にリリースされたWordpress 5.0はこれまでのエディタが廃止となり、新エディタ「Gutenberg」が新たに追加されました

Macの人気のブログエディタ「MarsEdit」は、ブログで対応状況を公開しています

新エディタ「Gutenberg」とは

WordPress 5.0の基本的な変更は、コンテンツを構成するための新しい「ブロックベースの」アプローチです

ポストをコンテンツの単一のストリームとして書き込む代わりに、異なるセクション、画像要素などを表す意味的に意味のあるチャンクを、ポスト内でドラッグすることによって作成し、操作することができます

このエディタへの変更は、WordPressのトレンドの一部であり、フル機能のCMSのより汎用的なニーズを満たすために、ブログの専用の目的から離れる傾向にあります

通常、ブログは投稿の統一されたデザインを特徴としているため、個々の投稿を書く過程で、記事のレイアウトや構成よりもコンテンツにもっと集中できます、時間は、ブロックベースの編集がブログのコンテキストで一般的に終わるかどうかを示します

スポンサーリンク

MarsEditの対応は?

WordPress 5.0にアップデートした後、引き続きMarsEditを使用してブログの記事をダウンロード、公開、編集することができます

WordPressウェブエディタで投稿を編集する場合は、新しいGutenbergエディタを使用するか、「Classic」WordPressエディタを復元するかを選択できます

旧エディタは本体から削除される代わりに、プラグイン化され「Classic Edito」が既にプラグインとしてリリースされています
Wordpress 5 0 00001 00002 z
Gutenbergエディタを使用してブログに新しい投稿を追加すると、そのコンテンツをMarsEditでも編集できます
ブロックはHTMLを使用して実装されるため、MarsEditのようにHTMLソースを編集できるアプリであれば、これらのブロックのコンテンツを編集することもできます

既知の問題と注意事項

MarsEditでブロックベースのコンテンツを含む投稿を編集すると、プレーンテキストモードで編集するときのブロックの生のHTMLと、リッチテキストモードのHTMLのレンダリングされたバージョンが表示されます

WordPressのWebベースのエディタとは異なり、あなたの投稿には別個のエンティティとしてのブロックの視覚的な表示は表示されません
しかし、投稿を編集して投稿を公開するときは、ブロック情報を保存する必要があります

MarsEdit 4.2.2以降、MarsEditのリッチテキストエディタにはブロック間に段落を追加するバグがあります

これは、ブロックがHTMLコメントノードで実装されているという副作用であり、MarsEditのリッチテキストエディタは、投稿が高レベル “p”ノードに分離されるように努力していて、 これを解決するために取り組んでいます

スポンサーリンク

今後

短期的には、ブロック固有の機能をMarsEditに追加するつもりはありません、ブロックは、本格的なサイトを管理しているWeb制作者や、MarsEditが強調している合理化されたワークフローを高く評価しているブロガーにはあまり魅力を感じないでしょう

長期的には、私は顧客からのフィードバックのために耳を開いたままにし、「Gutenberg」がブロガーと大規模なWordPressコミュニティの両方でどのように受け入れられるかを見ていきます

ロック固有のワークフローをサポートするようにMarsEditを強化することがMarsEditユーザーから広く評価されているようであれば、それらの変更をアプリケーションに行う予定です

(Via red sweater.)

WordPress 5.0には注意が必要

WordPress 5.0にMarsEditが対応しているとしても、うかつにWordpress 5.0にアップデートするには大きな問題があります
Wordpress 5 0 00002
これまでのエディタでは、デフォルトで「タイトルの領域」と「本文の領域」の二つに分かれていましたが、新エディタ「Gutenberg」においては「本文の領域」は一つとして扱われるのではなく、「見出し」「段落」「画像」や「リスト」などが様々なブロックとして寄せ集めた集合体として扱われると言うことのようで、意図せずレイアウトが変更になる可能性があります

それ以上に問題となるのが

  • プラグインのGutenberg対応問題
  • 現在使用しているテーマがGutenberg用に変更されているか

現段階でWordpress 5.0にアップデートすると、エラーでまともに動作しない可能性が多いにあります

夫々の対応をしっかり確認できてから利用するのが賢明だと思われます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)