DxO Mark、iPhone XRをワンレンズカメラでトップの採点

DxO Mark、iPhone XRをワンレンズカメラでトップの採点

ワンレンズカメラ

DxO Markは、iPhone XRはPixel 2の101ポイントを僅か上回る103ポイントでワンレンズカメラでの最高得点と採点しています

103ポイントのiPhone XRの写真スコアは優れており、露出、色、ディテール、ノイズ、アーティファクトの主要な写真属性に関して、フラッグシップのiPhone XS Maxと同様の画質を提供します

しかし、ただ一つのレンズの装備なので、ズームとボケショットはXS Maxと比較してXRは及びませんが、AppleはXRのフラッシュを少し改善しています
DxO Mark iPhone XR 00002
ターゲット露出は室内と屋外の両方で非常に優れており、自動HDRモードでは、コントラストの高いトリッキーなシーンでスマートフォンが広いダイナミックレンジを捕捉します

ノイズ対テクスチャの妥協点は、屋内と屋外のショットで良好なディテールとエッジ保存を保証するXS Maxのものと似ています、非常に細かいディテールは、低照度の撮影で失われますが、最も極端な低照度の状況でも許容される露出があり、画像を非常に使いやすくします

スポンサーリンク


ほとんどのテスト条件では、色も鮮やかで快適で、iPhone XRは屋外の写真ではやや涼しいホワイトバランスに近づく傾向がありますが、暖かい色合いは屋内で記録されていますが、それは間違いなく不快なカラーキャストを避けます

オートフォーカスは優れており、応答時間が速いため、ほぼ即座に画像を取得でき、さらに焦点の安定性の問題がないため常にピントが合っています

ビデオの場合、iPhone XRは非常に良い96ポイントを達成ました

ターゲットの露出はほとんどが非常に広くダイナミックレンジが非常に広く、屋内と屋外の照明の下では色が一般に大胆で鮮明です
ビデオ安定化システムは、私たちがテストしたより優れたものの1つでもあり、ウォーキングやパンニングのビデオで動きが限られているだけで滑らかなビデオ再生を保証します

静止画に関しては、オートフォーカスは高速かつ正確であり、動画をキャプチャする際に良好な追尾機能を有します

DxO Mark iPhone XR 00001

長所

  • 明るい照明と室内で非常に良好な露出とダイナミックレンジ
  • 詳細はすべての照明条件でよく保存されています
  • ほとんどの状況で鮮やかで楽しい色
  • 高速で正確なオートフォーカス

短所

  • 中・長距離ズームショットの細部
  • 細かい粒子の輝度ノイズは屋内および低照度の状態で目に見える
  • ボケモードで現実的なぼかし勾配なし

(Via DxO Mark.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)