Apple、第3世代のバタフライキーボードはMacBook Pro 2018 専用

Apple、第3世代のバタフライキーボードはMacBook Pro 2018 専用

キーボードの「粘着性」の問題

先月、Appleは2015-2017 MacBookと2016-2017 MacBook Proのキーボードの問題を「粘着性」と認識し、過去の修理の払い戻しと無料修理のサービスプログラム「MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム」を発表しました

Appleは問題の原因を特定しませんでしたが、キーキャップの下のバタフライスイッチ機構に埃や他の微粒子が詰まっていると考えられています

Appleは影響を受けたキーボード、1つ以上のキーまたはキーボード全体がを無料で交換されます
MacBook Proの場合、代替品は第2世代のキーボードで、ControlキーとOptionキーにはわずかに異なるマークが付いている2017年版のものです

先週、Appleは「静かなタイピングのために改良された第三世代のキーボードを備えた」2018 MacBook Proモデルを発売しました

第3世代バタフライキーボードはMacBook Pro 2018 専用

Appleは、静音の第3世代のキーボードが問題に対処しているかどうかを直接的には認めていませんが、iFixitはMacBook Pro 2018 が各キーの下に薄いシリコン膜を備えていることを公開しました
2018 MacBook Pro IFIXIT 002
Apple StoreとApple認定のサービスプロバイダが、2016年と2017年のMacBook Proモデルの第2世代のキーボードを新しい第3世代のキーボードで置き換えることを許可されるかどうか尋ねられたときに、第3世代のキーボードはMacBook Pro 2018 専用とされ、残念ながら第3世代のキーボードに置き換わることは無いようです

Appleが、第2世代のキーボードを修正しているかどうかは、わかっていません

(Via MacRumors.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)