2018 MacBook Proは、キーボードの問題に対処したのかは不明

2018 MacBook Proは、キーボードの問題に対処したのかは不明

キーボードの問題

Appleは、改良型で静かな第3世代のキーボードを搭載したMacBook Proを発売しましたが、粘着性または反応し難いキーの問題に対処したのかどうかは不明です

MacRumorsが、各サイトのコメントを集約しています

再設計する十分な時間がなかった可能性

TechCrunchのBrian Heater氏は次のように述べています

私はキーボードが前モデルよりもはるかに静かだと言うことができます、両モデルを並べて比較をすることはできませんでしたが、毎日第2世代のキーボードのMacBook Proを使用する人として、改善がすぐに明らかであることを確認することができます


それ以外は、機械的な観点から新しいキーボードとの違いはありません、バタフライスイッチは同じで、前身と同じ量のキーの深さを提供しています


Appleは実際にクリック率を下げるためにここで何が行われたのかを公表しないでしょう、しかし、それは確かに改善されています

と同時に同氏は、Appleが2018 MacBook Proのキーボードを完全に再設計するのに十分な時間を持っていない可能性があると推測しています

スポンサーリンク

信頼性の向上について楽観的

iMoreのRene Ritchieは、次のように述べています

Appleはより良い、より安定した、より正確な全体的なタイピングに固執していると信じています


Appleの主な焦点は音量を下げることにありました、信頼性が向上しているでしょう、私はそのように切望しています

問題に対して構造を変更していない?

The VergeのDieter Bohn氏は、次のように述べています

この新しい第3世代のキーボードは、これらの問題を解決するためのものではありませんでした。 事実、会社の代表者は、キーボードの問題がユーザーベースのごくわずかな部分にしか影響していないと主張しています

イベントでAppleの代表者に尋ねたときに、変更されたかどうか回答を得ることが出来なかった

Appleが回答しなかった二つの理由が考えられると

  • キーボードの問題に対して構造を変更していない
  • 公式に問題を認めたくない

キーの安定性と精度は変わらない

EngadgetのDana Wollmanは、次のように述べています

今週試してみる機会があったときに、並べてテストを行う機会はありませんでした、Appleが言ったすべてのことに基づいて、キーの安定性と精度は変わらないと思われます

Appleは先月世界的にサービスプログラムを開始し、2015年以降のMacBookや2016年以降のMacBook Proのキーボードを無料で修理しています

間もなく出荷が開始されると、問題が解決したかどうかは分解レポートで解るはずです

(Via MacRumors.)


私も現在のMacBook Pro 15インチ(Late 2013)からの買替をと思っているので注目して見て行きたいと思います

2018 MacBook Proに関する投稿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)