【Mac】macOS Mojaveが最後になる32bitアプリケーションをFinderに表示する方法

【Mac】macOS Mojaveが最後になる32bitアプリケーションをFinderに表示する方法

32bitアプリケーションの終焉

iOSでは一足先に32bitアプリケーションの終焉をむかえましたが、いよいよMacも今秋リリースされる「macOS Mojave 10.14」が最後のmacOSになることが発表されました

32bitアプリケーションを知るのに、以前投稿した「システムレポート…」で64bitの項目から知る方法を紹介しました
Mac 32bit app 003 z
今回は見慣れたFinderでアプリケーションのアイコンもわかるように表示する方法です

スポンサーリンク

Finderで32bitアプリケーションを表示する方法

  1. Finderで「command(⌘)」+「 F 」し検索ウィンドウを開きます
  2. Finder Spotlight 001

  3. このMac」を選択し「種類」>「その他…」を選択します
  4. Finder Spotlight 002

  5. 下にスクロールして「実行可能アーキテクチャ」を選択します
  6. Finder Spotlight 008

  7. 空欄に「i386」と入力し「である」を指定し右端の「+」をクリックします
  8. Finder Spotlight 003

  9. 第2の検索を追加するために、「種類」>「実行可能アーキテクチャ」を選択します
  10. Finder Spotlight 004

  11. 空欄に「x86_64」と入力し「でない」を指定します
  12. Finder Spotlight 009

  13. 「i386」のみ(つまり32bit)が表示されます
  14. Finder Spotlight 005

  15. メニューの「表示」>「並び順序」>「アプリケーション」を選択します
  16. Finder Spotlight 006

  17. アプリケーションが上部にアイコンと共に表示されます
  18. Finder Spotlight 007

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)