「macOS High Sierra 10.13.4」では、最初に32ビットソフトウェアを起動したときに警告が表示される

「macOS High Sierra 10.13.4」では、最初に32ビットソフトウェアを起動したときに警告が表示される

macOSでの64ビット移行

最新の「macOS High Sierra 10.13.4」では、ユーザーが最初に32ビットソフトウェアを起動したときにアプリごとに1回表示されます

ダイアログボックスは 『OK』ボタンで閉じることができ、ユーザーは 『詳しい情報…』をクリックしてmacOS High Sierraと32ビットアプリケーションの互換性に関する新しく公開された説明者のドキュメントにアクセスできます
Mac 32bit app 005

Appleは開発者に対して、4月11日付けで次のように注意を喚起しています

Mac App Storeに提出された新しいアプリは64ビットをサポートする必要があり、2018年6月からはアプリのアップデートや既存のアプリが64ビットをサポートしている必要があります。Mac App Store以外でアプリを配布する場合は、64ビット版のバイナリを配布して、MacOSの今後のバージョンでユーザーが引き続きアプリケーションを実行できるようにすることを強くおすすめします

スポンサーリンク

アプリの64bit対応を知る方法

  1. Appleメニューで「このMacについて」を選択し「システムレポート…」をクリックしますし
  2. Mac 32bit app 004

  3. サイドの「ソフトウェア」の「アプリケーション」をクリックします一番右側に対応状況が表示されます
  4. 表示されない場合は幅を広げることによって表示されるようになります
    Mac 32bit app 003

Appleは、macOS High Sierraをリリースした時に、32bitをサポートする最後のmacOSになると発表していました

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)