macOS Mojave以外のmacOSで、Mojaveのダイナミックデスクトップを動かす方法

macOS Mojave以外のmacOSで、Mojaveのダイナミックデスクトップを動かす方法

macOS Mojaveのダイナミックデスクトップ

MacOS Mojaveの絶え間なく変化するダイナミックデスクトップをMacで手軽に入手する方法は次のとおりです

ダイナミックデスクトップの壁紙は、1日を通して一連の写真をゆっくりと消していきます。画像のデフォルトのセットは、おそらくMojaveの砂漠の砂の山です。日中の光の変化と同じ見方を示しています

ここから、全16枚のデスクトップピクチャをダウンロードし、スライドショーに変化させます
Dynamic Desktop 001 z

スポンサーリンク

ダイナミックデスクトップ

  1. 全16枚のデスクトップピクチャをダウンロードします
  2. フォルダを作成し全16枚をそのフォルダ内に入れます
  3. 「システム環境設定」の「デスクトップとスクリーンセーバー」パネルを開きます
  4. 「デスクトップ」タブをクリックし先程作成したフォルダを選択すると、16枚が表示されます
  5. Dynamic Desktop 002

  6. 「ピクチャを変更」に「 ✓ 」を入れ、ドロップダウンメニューから毎時に設定します

(Via Cult of Mac.)


ただ残念ながら、macOS Mojaveのダイナミックデスクトップは以前投稿したように、HEICフォーマットで地域の時間と共に併せて変更されます

上の方法の場合は16枚なので毎時としても16時間で一周してしまいます、なので24枚あれば、ほぼ時間通りに砂漠の表情が変わると思われるので、8枚分時間を計算して複製をし順番にファイル名を変更し、午前0時にこの設定をおこなえば、ほぼ時間通りの砂漠の状況が表示されるのではないでしょうか?

また、解凍するとJPEFファイルでは約41MBとなるので、macOS High Sierraの場合はHEIFに変換すればファイルサイズも小さくなるのではないでしょうか


では、では・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)