【Mac】自動的にアプリケーションを隠したり終了させる無料の「Quitter」で生産性を上げる

【Mac】自動的にアプリケーションを隠したり終了させる無料の「Quitter」で生産性を上げる

自動的にアプリを終了する

「Quitter」は、いくつかのルールを作成して自動的にアプリケーションを隠すまたは終了することが出来るバックグラウンドで実行されるアプリケーションです

Twitterなどのソーシャル系アプリケーション、ニュースリーダーや電子メールを起動しておくと便利な反面注意が散漫になり生産効率が落ちてしまいます

そのアプリを自動的に隠したり終了することで、注意が散漫になるのを最小限に抑えることで生産性を上げることが出来ます

Macを使う時間が長い方には特にお薦めです

スポンサーリンク

使用方法

  1. 「Quitter」を起動します

  2. メニューバーの「Quitter」のアイコンから「Edit Rules…」を選択します

  3. Quitter 002 z

  4. 「+」ボタンをクリックします

  5. Quitter 003 z

  6. アプリケーションディレクトリが開くので、アプリケーションを追加します

  7. Quitter 004 z

  8. 「Quit」または「Hide」を選択し、時間を設定します

  9. Quitter 005 z

オフィシャルサイトから「Quitter」をダウンロード出来ます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)