Developers Unionは、すべてのiOSアプリの無料トライアルを望む

Developers Unionは、すべてのiOSアプリの無料トライアルを望む

The Developers Union (TDU)

iOS App Storeが10周年に近づくにつれて、アプリ開発者の中にはApp Store内のすべての無料トライアルを許可するように Apple に求めています

The Developers Union (TDU) は、
The Human Storyのディレクター、Jake Schumacher氏によってリードされています、ソフトウェア開発者のRoger Ogden氏とプロダクトデザイナーのLoren Morris氏は、両方とも昨年買収されたタイムシートアプリで働いていました

NetNewsWire、MarsEdit、Vesperなどのアプリを作ったベテラン開発者のBrent Simmons氏の4人が創設者です

これまでのところ、組合は緩やかに形成されています。団体交渉のための正式な戦略はなく、会員資格要件(会費など)もありません、組合は今週、千人の会員数に到達し、6月上旬までに2万人の署名者を集めるという目標を掲げています

スポンサーリンク

無料トライアル

Appleは開発者に、3日間から1年までの期間、無償の試用版を提供する能力を与えていますが、無料トライアルはサブスクリプションアプリにしか付随できません
つまり、無料トライアルを受けることを選択すると、トライアルが終了した時点で顧客が自動的に請求するようにする必要があります

収入の分配

Appleの長年のポリシーは、App Storeの開発者に、ほとんどのアプリケーションから得られる金額の70%を提供し、Appleは30%を取得しています

2016年にアップルは、長期購読顧客を維持できる開発者の場合、この分割を85%と15%の収益分配率に変更しました

これは、Google Playストアを通じて販売されている定期購入アプリと同じ収益分配率と同じですが、今年後半にMicrosoft Storeはゲーム以外のアプリの収益の85%をWindows開発者に提供し、顧客が外部のウェブページやアプリを通じてアプリを発見した場合、その金額の95%は開発者に送られます

TDUの公開書簡では、まだどのような収益を望むかは述べていません

Appleは、開発者にどれくらいの報酬を支払っているかを発表しています
それによると、今年の1月に、iOSの開発者は、2017年には前年比30%増の26.5億ドルを支払ったと述べました
(Source Wired , Via Cult of Mac.)


Macの場合は、開発者のサイトで試用版を入手することが出来ることは多いのですが、iOSアプリの場合はそれができないので購入のチャンスを逃していることも多々あるように思います

利用者としては、無料で使用出来ると嬉しいことですし開発者にとっても購入してもらえるチャンスが増えるわけですから、ぜひAppleにはお願いしたいですね


では、では・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)