【Mac】Bombichソフトウェア、APFSスナップショットサポートした「Carbon Copy Cloner 5.1」をリリース

【Mac】Bombichソフトウェア、APFSスナップショットサポートした「Carbon Copy Cloner 5.1」をリリース

Carbon Copy Cloner 5.1

macOS High Sierraで使用されているAppleのAPFSファイルシステムの最も強力な新機能の1つがスナップショットで、これは、ファイルシステムを以前の状態に戻す機能です
Bombich Softwareは、「Carbon Copy Cloner(CCC)」のバージョン5.1が広範なAPFSスナップショットのサポートを提供すると発表しました
CCC 5 1 001

スポンサーリンク

スナップショットとは?

スナップショットはAppleのAPFSファイルシステムの新機能で、macOS High Sierraおよびそれ以降で利用できます。スナップショットはハードドライブ上のボリュームのある時点の状態です。スナップショットが取られると、そのスナップショットの中のそれぞれのファイルは、たとえそのファイルを削除したとしても、スナップショットが取られた時点とまったく同じ状態でスナップショットを利用できます。


CCCがAPFSフォーマットされたボリュームのスナップショットを定期的に作成するよう設定しておくと、ファイルの古いバージョンをすばやく復元できます。スナップショットとCCCの起動可能なバックアップを組み合わせることで、Macの古いバージョンのオペレーティングシステムの古いバージョンを復元することさえも可能です

バージョン5.1の新機能

これは古いバージョンのファイルを復元するのに便利ですが、問題のあるアップデート後に以前のOSバージョンに戻す必要がある場合には非常に役立ちます。 これは、バックアップスケジューリングとスナップショットの保持に柔軟性を提供するTime Machineの真の代替手段です。 CCCは賢明なデフォルトで始まりますが、特定のニーズに合わせて調整されたバックアップ戦略を作成するために必要な柔軟性を提供します。


macOS High Sierraを実行していて、APFS形式のボリュームをソースまたはデスティネーションとして指定するCCCバックアップタスクがある場合は、CCCのサイドバーでボリュームを選択してそのボリュームのスナップショットサポートを有効にし、ボタンをクリックして スナップショットのサポート。 将来のタスクでは、APFS形式のボリュームをソースまたはデスティネーションとして選択すると、CCCはスナップショットのサポートを自動的に有効にします。 CCCのPreferencesウィンドウでその動作を変更することができます…

CCC 5 1 003
オフィシャルサイトでは、30日間の試用版をダウンロードすることが出来ます










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)